不適応者の居場所@紅葉見の報告

11月の不適応者の居場所は、紅葉も見れる代々木公園でやった。参加者は入れ代わりながら30数人。最初に話していた両隣の人に年齢を聞いてみたら21歳と22歳で、若い人が多めだった。代々木公園は紅葉見物というほどの場所ではないが、歩いていると銀杏の葉が落ちて地面が一面黄色になっていたりして、普段歩く時より気持ちがはずむ。 予想に反して夕方まで暖かくて、写真のような(クリックして見てください)いい景色のなかで駄弁ったり飲んだりできた。そんな話ばかりの会ではないよと念を押しておきたいが、不安障害の細かい話を3人4人でできたのも爽快なものがあった。話せたとしても二人だろう、普通は。 個人的な話になるが、最近やるべきことが立て込んでいるなど色々あって、精神的にちょっとやばかった。前の前の週末に関西で講義をする仕事があって、ついでに京都と滋賀を観光してきた。一昨日の日曜は0円ショップをやった。そして今日はこの居場所。この三つがあったおかげで、相当回復できた。(特に旅行の回復力が高いことに驚いた)。しかも回復して初めて、それまでひどい状態だったことに気づいた。 それやらなくても死なないから、やらなくていいよね、不要不急だよねなどと言って、こういうものをやらずにいると、どんどん生命力が落ちていくらしい。そして落ちていても、そこそこ生きているので、よくわからない。健康診断の測定値のように数値化できないので、わかることはない。それでも生き生きと生きられているかどうかは、こういう体験をとおして常に気づいて…

続きを読む

11月の不適応者の居場所は、また公園で

11月もまた代々木公園で「不適応者の居場所」をやりたいです。去年と同様、紅葉を見ながら駄弁って、せいぜいいい思いをしてやりましょう。せっかく生きてるので。「紅葉見」は去年やりましたが、いい思いなんて意外に簡単なことだなという感想です。 日時:11月23日(火・祝)(雨天の場合27日に延期) 時間:11時半から4時間くらい(夕方は寒いので) 場所:代々木公園。今回は原宿門から入って、バラ園や渋谷門よりも向こう側の、地図赤印のあたりを予定(いつもの場所は木が茂っていて寒く、そうかと言って入口近辺も目立つので)。当日正確な場所が決まったらTwitterで告知します。 やること:つながりをなくしがちな人がつながる。具体的には飲み食いをしながら駄弁る。 持ち物:飲食物(アルコール可)。シートは用意します。おいしい食べ物がカンパ制でそこそこあると思います。 対象:ひきこもりがち、フリーランス、労働週4以下、心の病、社内ニートなど、様々理由でつながりをなくしがちな人。 注意:●参加者がおたがいさまの気持ちで相手を思いやれないと、集まりが成り立ちません(支援活動ではなく相互扶助の会)。ハラスメント、中傷など、相手への攻撃を抑えられない人の参加はできません。攻撃を抑えられない方は、この集まりとの相性はよくありません。●去年の経験から、夕方は想像以上に寒くなります。防寒をしてきてください。 ※代々木公園は、いまだに謎の独自ルールにより、広大な中央広場を立ち入り禁止にしています。おかしいと思う人…

続きを読む

贈与には見返りを求めてはならない、か?

『アナキズムを読む』という本に、人間関係とか贈り物とお返しなんかについて、短い文を書いたので(それだけではないけど)、ちょっとそれに関連して。「贈与にはお返しがあってはならない」「無償の贈与でなければ…」などと非常に頻繁に言われることについて。 くにたち0円ショップをはじめて、もう9年になった。ここではもちろん道行く人に自分の物をあげるのが基本なのだが、参加者どうしでもさんざん、「これいらない?」などと物のやり取りや貸し借りをしている。もちろんお土産や差し入れも飛び交っている。それを9年もやっているのだから、贈与とお返しについては、相当経験を積んだ自覚はある。 その経験から思うのは、ギフト・「エコノミー」などと言われるが、贈与とお返しも実は人間関係の一部というか、下部構造でしかないなということ。人間関係では、常に誰かに気づかってもらったり、それに対するお礼の気持ちが湧いたりを繰り返している。その気持ちが言葉になったり、世話という無形の何かになったりする。そしてある時は、物やお金という形のある物になり、それが贈与とお返しと呼ばれるだけだ。 贈与は経済ではないということだ。 それを経済と見る見方は、人間関係と物のやり取りが売り買いによって完全に切り離されてしまった今の世の中の視点で、昔からずっと続いているものを見てしまっている。そういう過ちを犯しているように思える。もともと贈与に限らず、経済だって人間関係と一体化していた。 贈与を人間関係のほんの一部分と、あるいはひとつになったものと見る…

続きを読む

10月のノジュロックでかけた曲

10/16にやったノジュロックという素晴らしいDIYロックイベントで、DJをやらせてもらったので、曲目を書いておく。もう6回目くらいだと思う。 1.Dancing in The Street (マーサ&ザ・バンデラス)2.月ひとしずく (小泉今日子)3.You Can't Hurry Love (ザ・シュープリームス)4.Bad Reputation (アヴィリル・ラヴィーン)5.翼の折れたエンジェル (中村あゆみ)6.Girls Just Want to Have Fun(シンディー・ローパー)7.Delicious (シャンプー)8.I Love Rock'n'Roll (ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ)9.バレンタイン・キッス (国生さゆり)10.夢中人 (フェイ・ウォン)11.Don't Wanna Cry (安室奈美恵) 色々言い訳がしたいので、文字数の少ないTwitterなんかには書かなかった。 まず、アイドルっぽい曲を選んだのだが、いつもは洋楽ロックが中心で、こういうのは初めてだということ。 そして、何も考えがないのかと言えばそうでもない。1、2、3、9、10はそんなにないかもしれないが、それでも少しある。 6なんかは大いにある。自分は曲をかけながら少し解説するのだが、この曲のところでは「こういう曲が聴く人に与える影響は測り知れない」と言った。そもそも全米2位(84年)の大ヒット曲なので、聴いた人の数がとてつもなく多い。 そして暇があれば、このビデオクリップを…

続きを読む

久々の公園の居場所の報告

10月の「不適応者の居場所」は、4ヵ月ぶりに公園でやった。久々だったせいか、参加者は入れ替わった人も合わせて40人くらいで、外でやった集まりでは最多だったかもしれない。長い間、集まりを開けていなかったからだろう。男女比は2:1くらい(?)、年齢は20代から40代あたりが中心だったか。 もともと用意したシートに、さらに別のシートを何枚も付けたして、距離は十分に取れた。(と言っても、今は1年数か月ぶりの、世の中に感染者が特に少ない時期なんだが)。 その晩ぐっすり眠って起きてみて、いつになく気が晴れているのを感じて、「ああこれまで何カ月もうつだったんだな」と、ようやく気づくようだった。日々外にも出ているし、人にも会っているのに。気が晴れた状態というのを体験しないと、自分でもなかなかわからないものだ。コロナの鬱は、大体こんなかかり方をしていそうで怖い。いつもと変わらないと思っていても、発散は意識して入れていきたい。 コロナ騒動が起きてから、心の問題がほとんど顧みられないなと感じる。感染で死ななければよし。うつで苦しんでいようが何だろうが、相当の負荷がかかってもよしとする。ただし死んだら、それは泣き叫んで悲しむような大惨事である。(死者の数字だけが、惨事かどうかを決定する)。そんな世の中の傾向には、ちょっとうんざりする。コロナに関わらず、この国にはそういう傾向があり、我々の人生観をゆがめていると思っている。 ※写真は代々木公園の居場所周辺の風景。クリック・タップして見てください。

続きを読む

24日、久々に公園で居場所やります

10月の不適応者の居場所は、久々に公園でやります。 日時:10月24日(日)13時~17時(予定)。 場所:代々木公園、三本キノコの休憩舎の近く(図参照)。当日決まったらさらに詳しくTwitterで告知します。 やること:つながりをなくしがちな人がつながる。具体的には、座って駄弁るだけ。(感染対策はやりますが、各自気をつけて)。 持ち物:飲食物。シートは用意します。お酒は水筒などに入れて、それとわからぬように飲んでいただきたいです。美味しい食べ物がカンパ制でそこそこあると思います。 対象:ひきこもりがち、フリーランス、労働週4以下、心の病、社内ニートなど、様々理由でつながりをなくしがちな人(久々にこれ書いたな。実質、誰でも参加可)。 注意:●もしかすると何かの注意が来て、シートを離して座ったり、移動したりすることがあるかもしれません。それでもよければ。酒は水筒などに。 ●参加者がおたがいさまの気持ちで相手を思いやれないと、会が成り立ちません(支援活動ではありません)。ハラスメント、中傷など、相手への加害を抑えられない人の参加はできません。 代々木公園の立ち入り禁止区域は、花見の期間中という当初の予定を理由もなく延長して、今も続いている。感染者の多寡に関係なく。(五輪終わるまでやる気だぞと思ったら、五輪が終わってもやっている!)公園側か、公園を管理しているどこかの独自判断ということなのだろう。公園が禁止事項であふれていって、結局使えなくなるのと同じ。同じ人たちがやっていること…

続きを読む

「政府と戦えよ」という圧、「革命モデル」について(後半)

間が空いてしまったが、前回の続きを。 前回 ↓「もっと政治に怒れ」という圧、「革命モデル」について ①すべての問題は社会制度や政治の、つまり政府のせいである。②それを解決する方法は、民衆が怒りで立ち上がり政府を倒す(変える)ことである。 こういう方向に寄せて社会の問題をとらえようとするひとつの流れがある。それを便宜的に「革命モデル」と呼んだ。そして、この革命モデルだけしかないと思い込むのは問題だと言ったのが前回だ。(もちろん政府に訴える必要がある社会問題はあるので、自分も政府に文句を言うが、単にそういうことを言っているのではない)。さて、例えば。かつて、親が子供を殴っていて、子の人生を勝手に決めていたのは不幸だった。(太古から自分の子どもの頃まで、ずっとそうだった)。それが減ってきたのは、とてつもなく大きな社会変革だった。世の中はこうやって生きやすくなってきたのだな、本当によかったと痛感する。けれどもこの問題はもともと、政府のせいではなかったし、民衆が政府を変えることで解決したのではない。 何がこの大変革を起こしたのか?何かを「これだ」と言い当てるのは難しい。けれども戦後のロックや若者映画などのサブカルチャーは、確実に大きな原動力になった。 音楽や映画や小説を通して、親や教師など上からの支配の批判をあれだけやった分野はめったにない。自分がよく聴いた80年代の日本のパンクが反抗していたのも、まずは親をはじめとする上からの抑圧だ。もちろん洋楽ロック全般でもそれは基本で、クイーンには「お前…

続きを読む

9月の「不適応者の居場所」@デスカフェの報告

9月の居場所は前回に続いて、死について気軽に話すデスカフェをやった。参加者は9人。 今回もまずは肉親(母親)が亡くなった人の話から。そして親が死ぬ前に、わだかまりを解消したほうがいいかどうか。そもそも自分が死ぬ時に、尊厳死・臓器提供を選ぶか。埋葬のしかたはどうしたいか。さらに入る墓はどうする、墓に入れてくれる人はいるのか。さらに、基本的に生かすことだけ考える日本の医療のことなど。 これも、なかなか話が尽きなかった。 具体的にはこんな話が出た。 ●母親が死んだ時、和解しておけばよかったと思った。●父親が死ぬ前にわかりあおうとしたとしても、きっとわかりあえなかった。●延命治療は、きっとやっちゃうだろうなと思う。●この先ずっと苦しいとわかっているなら、延命治療はしたくない。●たくさんの人と一緒に入る墓がいい。●樹木葬をしてほしい。●死んだ後にまでこうしてほしいという希望があるのは面白い。それを考えたら、死後の世界もあるのかもしれない。●母は父と同じ墓には入らないと言っていたが、死の直前になってやはり入ると言った。●がんになっても、抗がん剤治療など苦しい闘病をがんばりたくない。 司会をしていると、メモというのは取りづらいので、これは雑なまとめだ。もしニュアンスが違っているものがあったら申し訳ない。 そして今回は、進行役として後悔があった。発言の量があまりにもひとりの人に集中しすぎた。何と言って制したらいいのかわからず、注意が遅れた。強権的な進行もよくないと思っているが、発言量にあまりにも不…

続きを読む

9月の「不適応者の居場所」はまたデスカフェでどうか

9月の居場所は、またデスカフェをやってみるのはどうでしょう。 前回たくさん話が出て時間が足りないくらいだったし。また、尊厳死など死に際のことや、死後のことなど、話せてないテーマもあるし。さらに、死から発展して、じゃあ人生って何歳くらいまでがいいのか、どう生きたら死ぬのも悔いがなくなるのか、今の日本社会の死と生の語られ方のおかしいところといった、「死生観」全般のほうに持っていくのもいいと思う。 コロナ騒動のせいで、死ぬぞ死ぬぞと言われているけれども、自分にも、こんな死生観おかしいよ、と思うところは多々あった。(あまり管理人の考えを打ち出すのはよくないが、、、) これらはもちろん参考のための一案として。基本は、語りたい人が好きなように語るところから展開していくのがベスト。 ********************************日時:9月26日(日) 16時から2時間 やること:Zoomでデスカフェ(死についてカジュアルに話す会) 参加できる人:一度は居場所に参加したことのある方。まだURLを知らない場合は、Twitterなどで鶴見まで。その際には、いつごろ・どこでの居場所に参加したか、その時に自己紹介で使われた名前や話された内容、容姿など、確認できる情報を教えてください(憶えている範囲で可)。最近のZoomでは、参加時のパスワードなどの入力が必要になったので、それらを知らない方も、参加希望の場合はご連絡を(Twitterのメッセージのグループみたいなのに入っていただくかも。何…

続きを読む

「もっと政治に怒れ」という圧、「革命モデル」について

心が苦しいのは社会のせいなのだから、心を癒してはいけない。原因である社会を変えなければいけない。 こんな言い方がある。例えば不眠症は、社会に原因があるかどうかわからない。「すべて社会のせいだ」というところに無理がある。それでもこの説は、一方ではかなり支持されている。 このようなある種の姿勢をよく見かけないだろうか?世の中に悪いことがあるなら、すべては社会制度や政治のせい。こういう方向に持っていく姿勢だ。「社会制度や政治のせい」は結局、「政府のせい」ということになるだろう。 そしてそれは「その問題の解決方法は、人々がワーッと怒りで立ち上がって悪い政府を倒すことだ」という見方とセットになっている。(選挙で倒すのもその一部である)。これは民衆の革命が、世界で割とよく起きていて、先進国でもそれが叫ばれていた時期(70年代まで?)に定着した考え方だろうから、「革命モデル」と呼んでおく。「問題はすべて政府のせいであり、解決はすべて政府を倒すこと」という姿勢と言えばいいか。(このネーミングは大雑把なものだけども)。 こうすることによって解決できる問題があるので、自分も随分こうした方向も提唱してきたし、実践もしてきた。けれども「これのみ」と考えすぎることの弊害も見てきた。 「道は革命モデルだけ」と考えてしまうと、問題の原因を政治・政府以外のところに置く人、そもそも関心を持たない人は邪魔になる。 政治について意見を言わない、と芸能人やミュージシャンが批判されているのをよく見る。よからぬこと言った…

続きを読む