2011年01月24日

19、20歳の若者が上関原発反対のハンスト中(追記あり)

今現在、上関原発の工事の中止を求めて、19歳と20歳の若者5人グループが、山口県庁でハンガーストライキを決行中だ(註)。この寒さのなかで、連日何も食べていないという。偉いぞ、若者! それが普通だ。「カネのためなら、どんなこともやむを得ない」という経済界の論理にどっぷり浸かっているのでなければ、原発がいいだなんて理屈はわからない。

全国から集まった10代を中心としたハンガーストライキ 声明文


反原発イベント.jpg自分は、28日(金)に行われる“原発ふざけんなイベント”に出る。原発で儲けている連中のことや、「人間界の経済」というやつがいかに狂っているかを話そうかと、今のところ思っている。

メインは、岩手県で六ヶ所村の再処理工場の反対運動を起こしている永田さん。素人の乱の松本哉君も話す。

トークイベント[原発どうする?] (素人の乱12号店)

(註)原発に抗議 県庁でハンスト (中国新聞)

参考ニュース:前エネ庁長官、東電顧問へ「天下り」 退官から4カ月余 (朝日)

(電力業界は経済産業省と深く癒着している。)

聞きたい:東芝・佐々木則夫社長 (朝日)

(東芝の原子力事業部上がりの社長は、原発を事業の柱に位置づけている。)
関連推薦映画:『祝の島』HP
関連アクション:ストップ!上関原発! あなたにもできる原発反対運動

関連日記:原発の輸出を喜ぶ国  仕事を選べないという問題 原子力はクリーンなエネルギーではない

(追記)
ハンスト9日目.jpgイベントはおかげ様で、50人近い人で一杯で、なんとハンスト中の若者たちのお母さんも来てくださった。
そのハンストも、今日で9日目(!)。皆で彼らを応援するFAXを、山口県庁へと送り、届けてもらおうと話した。彼らに賛同する人は、こちらのブログ(⇒マンデードッキリ大作戦)の「FAXの書き方」を読んで、ぜひ(もちろん彼らの健康が最優先なんだが)。
彼らがブログで、高江のヘリパッド建設にも反対を表明しているのを読んで、グッと来た(⇒五日目終了)。この記事に限らずどれも、なぜかグッと来る。我々の多くは、普通にこう思っているはずなのに、その真っ直ぐな思いをこんなふうに表現できず、いつも引っ込めてしまっているからなのかもしれない。彼らの日々の様子を伝えるUstreamもとてもいい(⇒hungryboys)。
山口県庁 TEL 083-933-2570 FAX 083-933-2599 (県知事は二井関成氏)
中国電力 TEL 082-241-0211 FAX 082-523-6185
上関原発建設計画:反対の県外の若者5人、県庁前ハンスト6日目 (毎日)


(追記2)
イベント当日の鶴見のトーク映像はこちらで見られます。
「原発どうする?」02(鶴見済)(2011年1月28日高円寺素人の乱12号店)
posted by 鶴見済 at 13:48| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

日本でも遺伝子組み換えが認可される

遺伝子組み換え大豆畑.jpg日本でもついに遺伝子組み換え(GM)作物が認可されそうだ。

今回申請されたのは、医薬品系農薬グローバル企業である「バイエルクロップサイエンス社」(註1)の除草剤耐性ダイズで、日本の農水省はこれを認可しようとしているが、その前に一応人々の意見(パブリックコメント)を募っている。

これに対して、『オルタ』を出しているアジア太平洋資料センター(PARC)がサイバーアクションを起こしている(ただし今日まで)。

農林水産省パブリックコメントにあなたのメッセージを! (PARC


GM
作物を作るということは、遺伝子を組み替えていない普通の植物はすべて枯れてしまうほど強力な農薬をぶっかけるということであり、それがぶっかけられた農作物を誰かが食べるということだ。だから農薬メーカーが開発しているのだ(註2)。

これがTPPによる自由化に備えた、日本の農業の立て直しの一環なのかもしれない。完全に間違っているが、間違った方向で一貫しているので手が焼ける(註3)。

(註1)バイエルクロップサイエンス社HP

(註2)参考日記:グローバル企業は種も独占する
(註3)日本はコメの輸入自由化を警戒して、新しい販路を確保しようと、中国にコメを輸出しようとしている。わざわざ輸送に使うエネルギ−を浪費してコメの輸入と輸出を同時に拡大しなくてもいいから、自分たちで作ったコメを自分たちで食べればいい、ということくらいわからないのか!?

農産物の対中輸出拡大へ コメ含め日中が基本合意 (産経)

写真は遺伝子組み換えダイズの畑。これだけの広い面積に他の植物は一切生えない、生物多様性の対極にある場所。
posted by 鶴見済 at 12:11| 人間界の経済 | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

正月の山谷で”豊かさ”を感じた

山谷 共同炊事2.jpg今年の正月(2日)は、山谷(とその近辺)の餅つきと共同炊事に行った(註1)。

寄せ場の炊出しというと、支援をする人が猛烈な勢いで食事を作り、配っているのかと思ったら、ここでは支援をする人とされる人の区別はなかった。

午前中には皆で、ワイワイと餅をつき、餅をちぎり、それでもあっという間に100人分の雑煮が出来上がった。午後は同じようにワイワイとやっているうちに、チゲ鍋ご飯300人前がズラリと並んだ。これを皆で一斉に立ち食いする様は壮観だ。

そして炊き出しに来ている人たちは、初対面であっても、一緒に作業をしていても、とても話しやすい。
“豊かさ”とは対極にあるはずのこの場所で、確かに“豊かさ”を感じた。皆で競争から降りてしまった時のような気分。世の中の空気もこうなればいいのだ。

共同炊事は毎週日曜日に行われていて、もちろん誰でも参加できる(註2)。


(註1)渋谷では、ナイキのせいで宮下公園が使えなくなったっため、美竹公園で年末年始の炊き出し・催しが行われた。⇒渋谷越年越冬闘争 (YouTube

(註2)詳しくは⇒ 山谷労働者福祉会館HP

写真は以前の、山谷での年末年始の共同炊事の様子。

posted by 鶴見済 at 22:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

南米では革命が起きているのに

チャベスと民衆 2004年.jpgオリバー・ストーン監督の映画『国境の南』が、日本で公開されないのが痛い。
この映画では、ここ10年の間に、南米大陸で貧困層(というか富裕層でない一般の人々)のための政権が続々と生まれていることを生き生きと伝えている。今や南米では、従来どおりの富裕層優先・親米の政治を貫いている国はコロンビアくらいになっているが(日本はこのコロンビアに似ている)、この重大な事実が日本ではほとんど知られていないのだ。


その革命の先頭を切ったベネズエラでは、99年にチャベス大統領が就任して、最低賃金を引き上げ、貧困層(一般人)に無料で医療や教育を与え、スラムでの居住権を認め、職業訓練などの失業対策を進めた。アメリカとも躊躇なく対立した。国の貧困率は大きく改善し、彼はもう10年以上も人々から圧倒的な支持を得ている。

こういうふうに政治を変えることはできるのだ。社会を豊かにするためには、我々が思い込まされているように、景気を回復させ、消費や輸出を伸ばし、大企業を儲けさせ、皆がそこで雇われるようにする以外にない、なんてことはない。そんなものは”豊か”でもなんでもなく、”大企業の経営者が望む社会”でしかないのだ。


south of the border.jpgチャベスのこの政策に対してベネズエラの富裕層は、自分たちは何も生活に困っていないくせに、全力で反チャベス運動を展開している。そんな彼らの最大の武器は、民放テレビと新聞を中心としたマスメディアである。2002年には、アメリカの力を借りてクーデターも起こしたが、失敗した。この時、2日間だけ大統領の座に就いた首謀者は、軍人でも政治家でもなく、ベネズエラ経団連の会長だった(!)。

少なくともこの国では、一般層のための政治に反対するのが経団連の会長であり、商業的マスメディアが彼らのプロパガンダの道具であることは、どれだけ強調してもしたりない。日本の社会についても、思い当たることがある。


このベネズエラ革命は、南米全土に飛び火している。

このことを日本のメディアがまったく報じないのは、極めて不自然ではあるが、意図的なことなのかどうかはわからない。ただそのせいで、我々が別の選択肢(オルタナティブ)を想像できなくなっていることは間違いない。

参考:勢いを増す南米の左派政権 (知恵蔵2010の解説)
オリバー・ストーン『国境の南』インタビュー (デモクラシー・ナウ・ジャパン)

『国境の南』予告編 (YouTube、英語)
関連日記:選挙には行こう
図上はチャベス大統領とベネズエラ民衆(2004年)。下は『国境の南』のポスター。デザインはやはり黒と赤に星。
posted by 鶴見済 at 00:36| 人間界の経済 | 更新情報をチェックする