2011年03月29日

「危険である」ことを直視しよう

危険な話 p266.jpgプルトニウムが検出されても「人体に問題はない」と東電が言ってくれたおかげで、これまでの「問題なし」も信用できないことがはっきりした。国もマスメディアも、一緒になって“保身”をズルズル続けるべきじゃない。今すべきなのは、「危険である」ことをハッキリと認めて、「人々を逃がす」ことなんじゃないのか?

土壌からプルトニウム検出 「人体に問題はない」福島原発 (産経)


「プルトニウムは放射性物質としても毒性が高いが、重金属毒性も高い。肺の粘膜に沈着するとほんの微量で肺がんを引き起こす可能性が非常に高い(80%の確率)といわれている。」
鎌仲ひとみ氏のツイートより
(大切な発言ほど、小さいところに載っている)

チェルノブイリでの死者も極端に少なく言われているが(田原総一郎氏の『朝まで生テレビ』での発言では「50人」)、決してそんなことはない。

チェルノブイリの死者数、全くの過少評価 (グリーンピース)

「ベラルーシ国家がん統計に基づいたこの新たなデータは、チェルノブイリによって引き起こされたがんは約270,000症例、そのうち不治のがんは93,000症例であると推定している。この報告書はまた、人口統計に基づき、過去15年の間にロシアでチェルノブイリが原因で新たに60,000人の人々が死亡し、ウクライナとベラルーシの合計死者の推定はさらに140,000人に達する。」


(その他参考リンク)

放射性物質:食品や飲料水、規制値緩和へ 食品安全委 (毎日)

「厚生労働省は現在より緩やかな規制値を策定する見通し。」
無意味な“解決策”はまだまだ進められようとしている。

土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算 (京都新聞)

「福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えている」

何度でも言うが、福島県の人たちから避難させるべきだ。もちろん関東の人でも、避難できる人からしていくことは有効な対策。

石原慎太郎の原発推進発言 (朝日新聞福島総局のツイッター)

私は原発推進論者です、今でも。日本のような資源のない国で原発を欠かしてしまったら経済は立っていかないと思う」

この「経済のため」こそを今見直す時だということが、この人にはわかっていない。
原発を止めて 市民ら1000人デモ−−東京・銀座 (毎日)

我々のこの巨大な怒りを、そのまま見えるような形にすることが大事だ。こんな程度のものではないはずだ。

(有用ツイート)東海アマ管理人氏のツイッター

図は、ジャーナリズムと原子力産業の癒着関係。『危険な話』(広瀬隆、八月書館、1987年)、P266より。

posted by 鶴見済 at 12:19| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

放射能が恐いのは「当然」である

中部電力 原発CM.jpg今、この唯一の被爆国が必死になってやっているプロパガンダは、「放射能は安全だ」というものだ(!)。特にテレビでは、専門家や評論家が放射性物質など乳児以外の人にとっては、ほとんど「無害」であるかのように言っている(註1)。

作業員が原子炉の水の1万倍の放射線量を浴びても、医者は「普通のやけどの治療で回復する」と言う(註2)。

彼らはこれまでも、原発由来の放射能と癌の関係を否定して来た。そうやって被曝労働者の癌も切り捨ててきたのだから、当然とも言えるだろう。


思えば原発が壊れてから、電力会社の人間、政治家、学者・研究者がマスメディアに代わる代わる現れては、ずっと「このくらいなら安全」と言ってきた。

彼ら推進派(註3)が「安全です」と言い続けるのは、原発ができる前も、できた後も、事故を起こした時も、同じだった。安全どころか「原発はクリーン」だの「地球に優しい」とまで言ってきのだから、一貫しているのだ。


我々は今、地震・津波とは別の大災害(人災)に直面しはじめている。当初「4」と言っていた事故のレベルは、今の段階で「6」だ(註4)。スリーマイル以上の大事故が起きているのだ。

これまでこの国では、水俣病、四日市ぜんそく、イタイイタイ病、川崎ぜんそく等々、色々な環境汚染・公害があったが、これほど広範囲に致命的な有害物を撒き散らしたことはなかった。これはそういう類の災害だ。

原発は全然直っていないし、まだまだ放射能は出続けるだろう。大事なのはもちろん「放射能安全キャンペーン」ではなく、危険性をきちんと認めた上で、近い側から順に、もっと広い範囲の人々を避難させることだ。水の放射能汚染が乳児の基準値を超えたなら、もう避難してもいいんじゃないのか? 関東にいるだけでも、ある程度は被曝する。色々意見はあるだろうが、避難できるならしておくことは、後ろめたいことでもなんでもないと思う(注5)。


よく考えてみよう。放射能が恐いなんて「当然」だ。普通に恐がっていいのだ。


(註1)NHKの『クローズアップ現代』では、放射能の無害性を散々強調した上で、一人の専門家(記者)は、チェルノブイリでは癌になった人はいないとまで言った(これは事実とまったく異なる)。『朝まで生テレビ』での勝間和代氏も、「放射性物質が実際より恐いと思われているのが問題」などと放射能の安全性を強調している。⇒朝生 原発 勝間和代氏他発言ハイライト(YouTube、2分めあたり)。
ちなみに、スリーマイル島原発周辺でも、白血病が増えていることが住民の調査でわかっている(『原発を考える50話』(西尾漠)より)。

(註2)放医研「体内被曝を確認」 福島第1原発で被曝の作業員 (産経)

彼らの体内被曝についても、「治療が必要なほどの体内汚染はない」としている。我々もこの作業員も、受けている扱いは同じだ。
(註3)メディアに出ている学者がすべて推進派とは限らないが。京大の小出裕章氏などはとても信頼できる。

(註4)福島第一原発事故、スリーマイル超えレベル6相当に (朝日)
(註5)「疎開」のすすめ (内田樹の研究室)

(参考)福島第1原発:「日本人は政府を信用し過ぎ」伊記者 (毎日)

批難覚悟で・・・・ (藤波心ブログ)

「影響があることくらい、バカな厨房2年の私でも分かるのに!!

写真は中部電力のCMより。原発CMに協力した人の多くは単なるだまされた被害者だと思うが、勝間和代氏は根っからの推進派だったようだ。
(ちなみにところどころ字の色が濃くなっているところがあるが、これは意図してやっているわではない)

posted by 鶴見済 at 13:08| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

水道水の安全基準が緩められている

ヨウ素体内被ばく.gif今報道では、水道水のなかの放射性ヨウ素131の安全基準値は300ベクレルと言われている。が、WHOが定めた世界的なガイドラインでは、10ベクレルとなっている(註1)。

厚生労働省に問い合わせたところ、WHOの値は平常時のもので、今は事故が起きている時なので、(日本の)原子力安全委員会が定めた(註2)300ベクレルを使っている、という納得のいかないものだった。

要するに基準値やガイドラインというのはある程度恣意的なもので、東京で検出された値でさえすでに基準を超えているとも言えるわけだ。

原発を推進してきた人たちは当然、「こんなの大したことじゃない、大人しくしていろ」と言いたいだろうが、それは我々のためを思って言っているわけではない。

自衛のためのとろろ昆布にも、いい加減飽きてきた。

 

(註1)WHO飲料水水質ガイドライン 203ページ (ヨウ素の元素記号は“I”)

(註2)「原子力施設等の防災対策について」という資料に載っているそうだ。

(参考)放射能汚染された食品の取り扱いについて (厚生労働省)
     (緩められた放射性ヨウ素などの基準値が載っている。出されたのは今年の3月17日)
         都内の水道水中の放射能調査結果
      (新宿では22日以降にWHOの基準を超えた)

posted by 鶴見済 at 13:03| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

”安心”が煽られている

tokyo_radiation.png安心を煽る危険な人たち”はついに、「放射性物質を飲み込んでも安全」と言い始めた(註1)。

今や東京ですら、乳児が水道水を飲めないのだ。値がもう少し増えて、皆が飲めなくなったらどうするのか?

パニックと”風評”を押さえつけるのではなく、原発に近い地域の子どもから順に、水が飲める場所に避難させたほうがいいんじゃないか。そういう形で安心を与えたらどうか。

そして我々のこの怒りや不安は、正しく、原発とそれを推進してきた人たちにぶつけるべきだ(註2)。


(註1)放射性物質Q&A:どう対応 ヨウ素、体内8日で半減 (毎日jp)

    飲んでも心配なし…入浴・洗髪OK (読売。推進派研究者が語っている)
(註2)27日は大きい原発反対のデモがある。 ⇒銀座デモ・パレード

(ちなみに同じ日には、宮下公園のナイキ化に反対するデモも。⇒守る会
(参考)放射線による内部被ばくについて:津田敏秀・岡山大教授

日本原子力産業協会会員名簿 (これだけたくさんの法人・自治体が原発で儲けてきたのだから、推進派もやめたくないんだろう。ただしこれらのほとんどは、単なる下請け・関連企業だと思うが。)

(再掲重要発言)原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」 経団連会長が発言 (北海道新聞) これが16日の発言であることにも驚く。

図は、ここ1週間の東京の放射線量の推移。
posted by 鶴見済 at 23:10| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

原発推進は反省されたのか?(追記あり)

原発推進ポスター.jpg避難していた大阪から帰ってきた。大阪では、毎日のように友人・知人に会ったり連絡を取ったりしていた。驚くほどたくさんの知人が、西日本に避難していることを知った。内輪での大体一致した意見は、「危険な状態は変わっていない」ということだった。


水道水や雨から放射性物質が検出されているのに、安全性ばかりが強調されているのには腹が立つ(註1)。

けれどももっと腹が立つのは、つい2週間前まで国をあげて原発を推進してきたことが、まったく反省されていないことだ。推進してきたのは、まず原発で商売してきた“大企業”、特に電力会社と電機メーカー3社(東芝、日立、三菱重工)(註2)。“官僚”、特に経済産業省エネルギー庁。“政治家”、特に自民党、民主党(註3)。御用学者たち。そして大新聞をはじめとするマスコミだ。

彼らは少なくともチェルノブイリ以降、この地震の多い列島でこんなにたくさんの原発はありえない、と散々言われてきたのに、まったく耳を貸さずに推進を続けた。膨大な税チェルノブイリから飛び散ったセシウム137の分布.gif金を使って、「日本の原発は安全だ」「原発はクリーンだ」と宣伝してきた。しかも彼らは権力の中枢にいるので、誰からも反省を迫られない。今回も、このままうやむやにしてやり過ごすつもりだろう。

ここで反省させないと、またほとぼりが冷めた頃に推進を始める。

とりあえず、雨に濡れないように気をつけたい。


(註1)元ICU教授の田坂興亜氏は、ごく微量でも深刻な結果をもたらす「体内被曝」の可能性を無視し、CTのような「体外被曝」との比較に摩り替えている、と枝野官房長官の発言を批判している。

こんな悲劇的なニュースまである。摂取制限基準の3倍を超えているのに、「飲んでも差し支えない」とは!

福島県飯舘村で水道水の飲用控えるよう要請 「他に水がなければ飲んでも差し支えない」 (産経)  
(註2)なかでも東芝はウラン採掘、輸出、イメージアップ戦略まで、熱心にやっていた。参考:東芝原子力事業部  原子力はクリーンなエネルギーではない(日記)
(註3)菅直人は原発輸出を“新成長戦略”としていたが、この「経済成長のためなら何をしてもいい」という姿勢ごと反省する必要がある。

(参考)福島第一原発で起きていることを理解するために (友人が作ったサイト。いい情報が選ばれている)  

     鎌仲ひとみさんのツイッター
(関連日記一覧カテゴリ)原発
図上は、文部科学省原子力教育支援事業での公募ポスター。ここのサイトのポスター群を見てほしい。下はチェルノブイリから飛び散ったセシウムの行方。

追記)
原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」 経団連会長が発言
 (北海道新聞)
「日本経団連の米倉弘昌会長は16日、東京都内で記者団に対し、福島第1原発の事故について「千年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」と述べ、国と東京電力を擁護した。」
「米倉会長は事故は徐々に収束の方向に向かっているとし「原子力行政が曲がり角に来ているとは思っていない」と発言。」

原発は重要エネルギー源=地震多いのは運命−与謝野経財相 (時事)

「「将来とも原子力は日本の社会や経済を支える重要なエネルギー源であることは間違いない」と語り、あくまでも原発を続けるべきだとの考えを示した。」


これはもう狂気だが、経済産業界の考えであることは間違いない。こういう連中が作っている社会では、我々が幸せになれないことも間違いない。

posted by 鶴見済 at 19:17| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

放射性物質が飛んできた

放射性物質の飛び方大変な被災をしている人がいるのに、原発のことばかりでなんだが、これはこれで極めて重大なことなので、共有したほうがいいと思う情報を。
心配が増すようなものばかりになってしまっているが、パニックになったら困る、などと言って安全性ばかり強調したり、知らせないようなことがあるなら、それはフェアじゃないので(人々をナメている)。

とりあえず放射性物質を吸い込まないこと、雨に濡れないことは誰にでもできる対策。弱い放射線しか検出されなくても、放射性物質が体内に入った場合は話が別だそうだ。 

福島原発の危機について私たちは考えます (原子力資料情報室)
 
(「原発から距離を置くのが最も有効な手段」とされている)
もしも大事故が起こったら (原子力資料情報室)
放射能から身を守るために (よくわかる原子力HP)
東京都日野市での今日の放射線量測定値 (ナチュラル研究所)
 (今日の12時頃ぐんと上がった後下がっている)
核反応生成物、都内で微量検出=セシウムなど、放射線量20倍 (時事)

メルケル独首相、国内原発の稼働延長を凍結 福島原発事故を受け(AFP)

posted by 鶴見済 at 22:16| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

震災が垣間見せる「もうひとつの世界」(追記あり)

1号機と3号機の爆発_edited.jpgニュースでは大丈夫そうなことを言っているが、そう思っている人もいるまい。震災自体が地獄だが、原発のほうもずっと、地獄まで首の皮一枚の状態だ。

炉心溶融寸前が3機もあり、そのうち2機が水素爆発を起こしてるだなんて、もう言葉がない。

震災だって悪いことばかりではないと思いたい。ある意味、「もうひとつの/こうじゃない世界」を垣間見せてくれている。

もし無事に普通の状態に戻れたら、こういうふうに助け合いながら、停電はあってもいいから原発のない社会に、工場は止まってもいいから、エネルギーを浪費してまで成長を目指さない社会にしていけばいい。そう思える。

とりあえず自分も節電するので、飲料自販機のコンセントを抜いてもらって(註)、ネオンサインを消してもらおう。


(註)国内の清涼飲料の自販機260万台が使う電気は、原発1基分の発電量になる。

 ⇒缶ジュースに見る消費社会の問題  自動販売機という無駄

(参考)山口県知事、上関原発の工事中断を要請 (日経。素晴らしい!)

      米第7艦隊、原発風下から離脱 放射線検出受け (AFP)

    原子力事故が起こったら 市民の防災ノート伊那谷版

関連日記:原発の輸出を喜ぶ国  日本の原発輸出を大新聞が推している  
       なぜ原発は推進されるのか

(追記)
15日になって、2号機の爆発、4号機核燃料プール付近の火災で、首の皮一枚つながっているかどうかわからなくなった。
福島第一原発4号機、超高濃度放射能が拡散 (読売)

仏大使館…自国民に外出自粛の呼びかけ (読売)
「福島第一原発での一連の事故を受け、「10時間ほどで弱い放射線が東京に到達する恐れがある」として、都内に滞在する自国民に外出を控えるよう勧告、さらに、「パニックに陥らず、家の窓を閉じよう」と呼び掛けた。」
なぜフランス大使館の呼びかけを参考にしなきゃならんのだ!?
放射線から身を守るために

posted by 鶴見済 at 23:10| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

これでもまだあなたは原発に怒りませんか?

爆発する福島第一原発.jpg原発のニュースを見ていると、まるでジェットコースターに乗っているようだ。

原子炉本体が爆発していないなら、こんなにありがたいことはないが、ではあの爆発は何だったんだ!? 

災害はどの施設も同じように受けた。なのに原発だけが、ここまで危険になりうる。

いつかこの事態が落ち着いた時、原発の計画を180度見直すことができないようなら、それでも「理想論ではなく現実的には原発は不可欠」などという言葉にだまされ続けるなら、ここまでの目にあってもまだ原発とそれを推進してきた連中に怒れないなら、もうこの国の国民はおしまいだ。

と思いながら、晩飯にはとろろ昆布の味噌汁を飲んだ。

─────────────────────────────────
(爆発映像)Japan earthquake: Footage of blast at nuclear plant (BBC)

なんでここで、海外のニュースを紹介しなきゃならないんだ?

(参考)原発事故、世界に衝撃 欧米・新興国で推進政策見直しも (日経)

日経だけに、この期に及んでもまだ日本の原発を精一杯擁護しているところがムカつくが、この原発事故は世界の原発政策を左右し得る。反対するのに地元住民かどうかなんて小さいことは問題にならない。

写真は爆発中の福島第一原発。

posted by 鶴見済 at 23:58| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

原発の批判はマスメディアに出ない

モラトリアム・カミノセキ 記者会見.jpg上関原発の工事を強行せず、立ち止まって考えることを求める「モラトリアム・カミノセキ」の記者会見はためになる。出席者は鎌仲ひとみ、田中優、池田香代子、らんぼう、坂田昌子、坂口恭平、マエキタミヤコ各氏。
特に田中優氏の話が面白い。N新聞社から本を出そうとしたところ、原発に関する部分を次々と削らされた挙句、本自体が出ないことになったという。マスメディアでは出せない”コード”があり、それは都市伝説ではない、と強調している。
3/2モラトリアム・カミノセキ記者会見 (Ustream)  (写真は会見の様子)   
   モラトリアム・カミノセキHP

今ならこうしてインターネットで知ることができる情報も、これがなかった頃はマスメディアが握りつぶしてしまえば、ほぼ埋もれさせることができたはずだ。
原発に限らず、大企業や経済界全般について、日本のマスコミはこういうことをやってきた。90年代にナイキのスウェットショップ・スキャンダルを握りつぶしたように、こうやって経済界を守ることが、彼らの大きな役割になっている(註)。
────────────────────────────
(註)その証拠に新聞の経済面には、「○○社の新製品△△が新発売。特徴は×××××。値段は□□円。」などというジャーナリズム精神のすべてをかなぐり捨てた”記事”が、広告としてではなく、毎日のように載っている。あんな紙面は、大企業とベタベタに癒着していなければできるわけがない。
(参考映像)2/16鎌仲ひとみトークライブ (もちろんテーマは原発。途中に出てくる福島みずほとの話が面白い。ここにも日本のマスメディアの腐敗の話がたくさん出てくるが、経済産業省の記者クラブに入った記者は、接待をたくさん受けていて、お土産まで貰っているそうだ。場所はロフトプラスワン)
posted by 鶴見済 at 21:53| 原発 | 更新情報をチェックする