2011年06月18日

自然界を汚せば人体も汚れる

スタジオジブリの屋上横断幕.png●農水省がまたしても、遺伝子組替え(GM)作物を認可しようとしている。しかも今回は、世界最大のGM企業であり、悪名の高いモンサント社のナタネ、綿花などを認めようとしてるのだ。21日までパブリックコメントを受け付けているので、文句を言おう。

GM作物とセットで売られる除草剤は、遺伝子操作をしていないすべての植物を枯らすほど強力なものだ。自分がGMに反対する第一の理由は、その除草剤が環境や人体に悪いからだ。

けれども悲しいのは、今進行中の大放射能汚染に比べたら、農薬による汚染は軽いものに感じられることだ。

農水省遺伝子組み換えパブリックコメント概要  フォーム
参考日記:グローバル企業は種も独占する


●原発事故のおかげでわかったことのひとつは、自然界のなかの物質の循環のしかたであり、ヒトが自然界にいかに含まれているかだった。

福島で大気中に出た物質は、風で東京に運ばれ、雨で川や湖に落ち、水道水に混ざって我々の体に入る。牧草につけば、それを食べた牛の乳に混ざり、それをヒトが飲む。川から海に流れれば、それを魚が食べ、それをヒトが食べる。どのくらいの時間に、どのくらいの範囲を物質が巡っているのか、こんなにハッキリわかったことはなかった。

「身土不二」(体と土は別物ではない)という言葉は、地産地消を勧める時によく使われるが、今は「土が汚れれば生物の体も汚れる」という意味で説得力がある。

日本のカレイ・ヒラメのセシウム汚染.png大体の野菜の9割は水なので(ヒトは7割が水)、水が汚染された場所の野菜は当然汚染されている。ヒトも牛も哺乳類なので、牛乳に混じるものは、ヒトの母乳にも混じる。
嫌になるほどすべてはつながっていて、土や水や空気を痛めつけるのは、自分の体を痛めつけているのと同じだ。

で、あのエコロジー・大ブームはどこに行ったんだ?


(参考)

「メルトスルー」どころじゃない!建屋突き破って地下めり込み(小出裕章氏)  発言映像 

「したがって、もはや水をかけようが循環冷却をしようが、「炉心を冷やすことは不可能」だという。さらには、燃料がコンクリートをも突き破り、地下水と接触して、(超高濃度の?)汚染水が海に流れ出すことが懸念されるという。」

飯田哲也氏が推進派の構造を語ったインタビューと文字起こし (脱原発100万人アクション)

「原発輸出で成長なんてできるわけないのに狂ってますよ。あれはただの東芝に儲けさせるためだけの物であってですね」

「日立と三菱は提携しているだけだけど、東芝は6000億円突っ込んでるからそれを取り返さなければいけないのですよ。巨悪は東芝です」

原発再稼働、経産相が要請「安全対策は適正」 (読売)

「日本経済のため」というやつに抵抗しないと、我々はぶっ殺されてしまう。

3月12日にはメルトスルーの事態に 福島氏指摘 (IBTimes

テルルが出ていたことを発表していれば、メルトスルーもバレていた。保安院は「国民に示すという発想がなかった」と言いやがったが、ちゃんと考えてデータを伏せているらしい。今起きていることも、我々は2ヶ月くらい後になって知り、また怒るのだろう。

図は、関係ないが、上がスタジオジブリの屋上に張られた脱原発横断幕。下が日本のカレイ、ヒラメに含まれる放射性セシウム量の変化。核実験の頃よりも今のほうが桁違いに多い。チェルノブイリの頃、少し上がっているのがわかる。

posted by 鶴見済 at 18:19| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

サマー・オブ・ラヴのような出来事(追記あり)

611アルタ前集会.jpg「要求項目!!!!

私たちは以下の5つの項目を日本政府に要求します。

1.稼働中の原発の停止

2.定期検査中等で停止している原発を再稼動しないこと
3.原発の増設中止

4.児童の許容被曝量20ミリシーベルト/年の完全撤回

5.原子力発電から自然エネルギー発電への政策転換」

──611アルタ前集会で、アルタに映された原発やめろデモ!!!!の要求


新宿アルタ前広場が解放区になった。

自分にもわけがわからなかったが、西口の中央公園から2万人のデモ隊が終点・アルタ前広場に到着した頃、渋谷、港区、国立など都内で行われた他のデモの参加者も、アルタ前の集会に合流していたようだ。

自分はしばらく、広場の最後列なのにぎゅうぎゅう詰めという状態で、あまり聞こえないスピーチを眺めていた。が、いい加減に諦めて人ごみをかき分け、デモが終わっても会場の隅で何時間も(!)盛り上がり続けるドラムとダンスの輪に加わった。自分だってドラムは、デモで散々叩いた後だというのに、だ。
これほどの事態は、あまり経験したことがない。変な例えだが、ベルリンのラヴ・パレードみたいだった。

そうしているとアルタの壁に、原発やめろデモ!!!!!の要求項目が映し出された。気づいた人が、それを指差して皆に知らせている。なぜか涙が出そうになった。日本政府への要求をアルタに映すという、この堂々とした態度がいい。


アルタの文字.jpgここ3ヶ月、海外のことに目を向ける心の余裕はなかったが、エジプトに続いてヨーロッパでもこんなことが起きている。悲惨な状況だからこそ人が集まっているのだから、単純に喜ぶわけにはいかない。けれどもこれは、何度目かのサマー・オブ・ラヴかもしれない。少なくとも、そのくらいの大きな“何か”として、後々語り継がれるだろう。


(参考)611メディア報道について (小倉利丸氏、報道のリンク一覧あり)

この日のアクションの全国的、世界的な広がりからすれば、新聞報道の扱いは小さすぎる。自分が紙面を見た限りでは、五大紙のうち朝日と毎日にしか載っていなかった。

ちなみに、4月に高円寺で1万5千人のデモがあった時、記事を掲載しなかった朝日新聞に20数通の苦情が寄せられ、そのことが編集部内に回覧された。そのせいで次の週からは、朝日新聞ではデモの記事が載るようになったのだと、朝日の記者の方から聞いた。確かに、こういう件で20何通も苦情が来るのは、驚くほど多いかもしれない。これを知ってから、自分はまめに新聞や企業にも文句を書くことにしている。

(当日映像など)WE ARE ALL RADIO-ACTIVISTS (イルコモンズのふた。)

(参考映像)核は大地に刻まれていた〜死の灰消えぬ脅威〜(3)

ソ連の核実験場だったカザフスタンの被曝者を追ったドキュメンタリー。体内に入った放射性物質は放射線を出して遺伝子を切断し、切られた遺伝子のなかには、変な風にくっつき合うものが出てくる。それらが分裂を始めてしまい、癌をはじめとした様々な病気が発生するという。それなら、基準値以下はまったく問題ないわけはないだろう。

(参考ニュース)放射性ストロンチウム 地下水から検出 (東京)
保安院は海水からの検出について、またしても「予想していた」と言う。わかっていたなら、なぜ調べなかったのだ。

(追記)

原発凍結賛成は94% イタリア国民投票、開票ほぼ終了 (朝日)

将来的に「脱原発」賛成74% 朝日新聞世論調査 (朝日)

イタリアでも日本でも、脱原発派は圧倒的多数派であることがわかった。けれどもこの国は、一向に脱原発に向かわない。つまり、我々の民意を無視して物事を進めている少数の連中が確実にいる。そういうことも、311以降ハッキリ見えた。これは原発に限ったことではない。

イタリアの原発再開否決「倣うことはない」 与謝野経財相 (産経)

posted by 鶴見済 at 21:55| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

自民党より菅直人のほうがはるかにマシだ

世界も驚く基準値2000ベクレル.gif●原発のことなどそっちのけで叫ばれている、この「菅下ろし」は一体何だ?

菅直人は確かに、消費税の増税でも、TPPの推進でも、基地辺野古移転肯定でもまったくダメだった。けれども原発事故への対応はそれほど悪くなかった。きちんと東電や経済界と対立していた。自民党だったらこれはできなかったはずだ。

自民党は原発に最も責任のある政党だ。それがここで責任を問われるのではなく、逆に政権に入るなんてことは、本来ならありえないことだ。

そもそも「大連立」とは、保守一党独裁政権のことだ。そんなことを堂々と構想させてしまうほどに、我々は軽く見られている。

経済界、大連立求める 経団連会長「首相は捨て石に」 (日経)

選挙で選ばれたわけでもない一民間人に、こんなに偉そうに国に指図する資格はないし、マスコミもそれを連日のように大きく扱ってやる必要はない。

●「611脱原発100万人アクション」が盛り上がっている。デモは全国で60近く! イベントなどアクション全体では140を超えている! 

自分は「611新宿・原発やめろデモ!!!!!」に以下のような賛同文を書いた。他にも注目すべきメッセージがたくさん寄せられている。

「我々はすぐにパニックを起こすバカなので、メルトダウンでレベル7だとわかっていても、偉い人たちに教えてもらえず、逆に、『安心でちゅよ、大人しくしてなちゃい』と言ってもらいましたとさ。ふざけるなコノヤロー!!!」

これは前回の追記にも書いた、NHKスペシャル「シリーズ原発危機」の1回目を見て書いた。水素爆発の頃と変わらず、今でも我々はナメられ続けている。

(参考)原発事故報告 国民は後回しなのか (中日・社説)

「そこにはメルトスルー(溶融貫通)という聞き慣れない言葉が登場した。」「だがそんな重大問題を、国際社会への報告の運びに合わせて国民に公表するとは本末転倒だ。真っ先に情報を開示して説明を尽くすべき相手は国民ではないのか。」

「後になって小出しにすれば、意外と怒られない」というのが、おそらく彼らが会得した極意だ。

11か所でストロンチウム検出 (NHK

ストロンチウムは、セシウムが出ているなら絶対に出ているとわかっているのに、今になって「60キロでも検出された」「もっと詳しい調査を」などと言っている。今は海のなかのストロンチウムの調査が遅れている。東京には飛んできてないのか?

posted by 鶴見済 at 14:08| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

経済成長をやめれば原発はいらない(追記あり)

産業部門のエネルギー消費の推移.gif●福岡の経済団体が、原発再開を求めている(註1)。浜岡原発を止めた時も、文句を言ったのは経団連であり、電力の不足に色めきたったのは自動車産業の工場だった。

あくまでも自分が見たところでは、この国の原発が欲しい二大勢力は、@原発を作って儲け、さらにその電力で生産・販売活動をしたい経済産業界と、A核爆弾を作る技術を持っていたい政治家だ(註2)。ただし今時、Aがどれだけ力を持っているのかはわからない。

(註1)福岡経済同友会「原発早期に再開を」 電力安定供給求める (日経)

「経済界を挙げて国や自治体などに原発再開を強く求めていくことで、経済活動への影響を最小限に食い止めたい考えだ。」

彼らは本当に、経済活動より大事なものが想像できないらしい。

(註2)「現在の青森県・六ヶ所村で、この三菱重工が主幹事会社となって建設してきた核燃料サイクル基地(再処理工場)が、プルトニウム兵器の製造のためであることを疑わない人間は、どこにもいないであろう。」(広瀬隆 『私物国家』 1997年より)


●「原発に反対するなら代替案を言え」というのは、推進派が昔から言い続けている批判封じの作戦なので、あまり気にすることはないと思う(「自然エネルギー」と言えばそれで十分だ)。ただ、電気を使わない方法を考えるのは楽しい。

セシウムを吸収する野菜.jpg飲料自販機全廃、ディズニーランドのエレクトリカル・パレード中止、コンビニ・ファストフード店は深夜は閉める、電気屋の店頭商品の電源を切る(いくつ点けてるんだ!)、工場の休みを増やして新製品を減らす、その分中古品を再利用する…等々、電力の4分の3を使っている、企業や業務部門(非家庭)の節電策ならいくらでも浮かぶ(註3)。さらには、大量生産、大量販売、大量輸送、大量廃棄をやめて、経済成長を目指さないこと。これが自分の代替案であり、脱原発とセットで進めるべき大事なことだと思っている。

(註3)家庭の平均的電力消費率は25%前後 (今村和宏氏のツイート)


●6月11日(土)の脱原発100万人アクションがすごい。全国で今のところ41もの脱原発デモが予定されているのだ! ザマーミロ、経団連!
ANTI NUCLEAR DEMO 日本全国デモ情報 (マガジン9)


(参考)原発事故でも受注は増加見通し 三菱重工、補修工事増で (朝日)

今年度は、東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で他の原発の補修工事が増え、当初計画の2千億円を上回る見込み。2012年度も補修工事の増加で4千億円と予想する。新規建設は14年度に約6千億円とする従来の目標を変えなかった。」

原発の安全推進も、結局は経済産業界の儲けになる。

(参考2)リトアニアの原発に応札 日立、東芝の子会社(東京)
彼らは、小国や新興国にまで原発を売って、まだまだ儲けようとしている。こういう国での事故も恐い。

(参考3)再生可能エネルギー先進国に学ぶ 〜原発なきエネルギー政策は可能か〜 (NHKエコチャンネル) 
日本は世界に冠たる太陽光発電、地熱発電の技術を持っているのに、原発固執政策のせいで、その恩恵を受けているのは海外の人々なのだ!

図上は、日本の産業部門別エネルギー消費の推移。9割を製造業が占める。エネルギー白書2010から。下は、関係ないが、セシウムを吸いやすい野菜と吸いにくい野菜。

(追記)
NHKで放送された「シリーズ原発危機」の1回目が素晴らしい。爆発が起きていた頃、内部の連中は「もうおしまいだ」「最悪の事態だ」と思っていたのに、我々には「大したことない」「問題ない」「騒ぐな」「心配するな」ばかり繰り返していたことに心底怒りを覚える。こういう目にあっても、「怒りはよくない」「反対するのは違う」と言う人たちの気が知れない。
この映像が消されるのは、多分時間の問題。

(追記2)
節電のため、省エネ家電に買い換える人が急増している。新製品を作るのにも電気(エネルギー)と資源を使っているし、廃棄にもエネルギーを使うという、当たり前の感覚を忘れてはいけない。
節電:エアコン、冷蔵庫…白物家電の売れ行き好調 (毎日)
「大型家電を扱う日立アプライアンスは(…)、エアコンの在庫を積み増そうと前年より3〜4割の増産体制を取る。」
これでは意味がない。

posted by 鶴見済 at 22:58| 原発 | 更新情報をチェックする