2012年06月26日

新刊『脱資本主義宣言』と「カネではない価値観」

帯つき表紙.jpg『「経済のためだから、理想論ではなく現実問題として、仕方がない」。
こんな言葉の前に我々は、どれだけ多くのことを諦め、思考を停止させられてきたことだろうか。』(前書きより)

こういう書き出しで始まる『脱資本主義宣言──グローバル経済が蝕む暮らし』(新潮社)という本を出した。

『レイヴ力』(対談集)以来12年ぶり、自分で書いた本としては『檻のなかのダンス』以来14年ぶりの本になる。
ここしばらくデモやイベントや畑に足しげく通いながら考えたことを詰め込んだつもりだ。レイヴを通して考えたことももちろん大きな柱になっている。

自分はこの大量生産、大量消費、大量廃棄、大量輸入のあり方を疑わない社会の空気を、どう考えてもおかしいと思う。
自分だってこれまでは知らなかったので、偉そうなことは言えない。けれども、自分の服や食べ物、買っている物が、どこで誰に迷惑をかけながら作られているのかも考えもせずに買い捨てに浮かれているとしたら、やはりそれは愚かなんじゃないかと思う。けれども、我々だって悪意でそうしているわけではなく、愚かにさせられているんじゃないか?
経済のためだとか、景気回復がすべてを解決するとか、そんなことばかり聞かされてきたが、結局は大企業のカネ儲けのためだったんじゃないか?
カネがなくて困る人が多いのは、経済の成長が足りないからではなく、富の分配の仕方が間違っているからなんじゃないのか!?
──この本には、こんな「資本主義」という経済の仕組みに対する自分なりの怒りが、身近なものに関する細かいデータを満載しつつ、ぶつけてある(もちろん原発についても書いている)。


では資本主義ではない「依って立つもの」「カネではない価値観」をどこに求めたらいいか?
その答は人により場所により様々だと思う。ある人にとっては、「フリー・エコノミー(タダの経済)」かもしれないし、「有象無象(マルチチュード)の連帯」を考える人もいるだろう(自分もそう考えてもいる)。
だからこの本では、それは何々だ、という書き方はしていない。けれども自分が何かひとつ挙げるなら、それは「自然界とのつながり」になってしまう。
この本の最後の章「自然界とのつながり」の冒頭にある「人間界の外側」という文章は、他のページは斜め読みであっても、ぜひじっくりと読んでもらえたらと思う(BGMはルイ・アームストロングの『この素晴らしき世界』か?)。
この世界は相変わらずどうしようもなくひどいが、時にはこういう気分になるのもいい。そうでなければ、やっていられない。


この本は、書き下ろしに加えて、『オルタ』やこのブログに書いてきたことを大幅に書き直して一編にまとめたものだ。なのでこれまで自分の書いたものを丁寧に読んできてくれた人には、見覚えのある文章が並んでいるかもしれない。が、ぜひ手に取って、そのまとまった質感を感じてほしい。
この本はもしかしたら、自分が今まで作った本のなかで一番いいんじゃないかと思うこともある。


●新潮社のHPでは、目次と前書きの前半が読めるようになってます。⇒『脱資本主義宣言』立ち読み
●7月24日(火)には、ロフトプラスワンで発売記念イベントをやります。出演は、鶴見済、だめ連(神長恒一、ペペ長谷川)、雨宮処凛、内田聖子(PARC事務局長)。前売り:1000円、当日1300円(飲食代別)(脱資本主義的スペシャルプライス!!)。詳細はあらためて告知します。
●本はどこで取り寄せても同じなので、なるべく地元の書店で買えば、自分の地域の活性化につながります。
●下北沢・気流舎、新宿・IRAでは、メッセージ付きサイン本を売ってくれています。他にもこの後、サイン本を置いてもらえる店が増えるかも。
●ブログはなかなか更新できませんが、twitterで言いたいことを言っています。最新情報などはこちらを ⇒ twitter(@wtsurumi鶴見済)  過去のツイート ⇒ twilog  favstar


posted by 鶴見済 at 12:30| 日記 | 更新情報をチェックする