『0円で生きる』インタビュー・書評のまとめと書き足し

『0円で生きる』について受けたインタビューや、書いていただいた書評の一覧をまとめておく。どれでも主に主張しているのは、無料でのやり取りを増やして、この社会のメインストリームに適応したくない人間の領域を拡大しようということ。 ●記事不適応者でも生きやすい領域を作る 鶴見済『波』という雑誌に書いた記事。ここに書いた、泊めてくれたカフェのオーナーとは、今も連絡を取りあっている。「これは、単なるお金の節約だけの問題ではないのだ。この社会に適応したくない人間のための、もうひとつの世界を作るための試みだと思っている」。●インタビュー「0円生活」で居場所見つける 脱・お金依存の先にあるもの(Yahoo!ニュース)90年代から『脱資本主義宣言』のあたりの経緯まで含め、今言いたいことを上手くまとめてくれているインタビュー。出だしの部分では、「戦後の若者文化は一貫して抑圧に抵抗して自由になろうとしていて、『道徳的なもの』もその抑圧のなかに含まれていた」という話もしていて、ここの内容はそれとも関連している。ゼロ円で生きることを提唱するライター 鶴見済さん (中外日報)『中外日報』は歴史ある仏教系の専門紙。生や死、そして無料の経済について話している。メインは無料経済の話なのだが、「自分としては人生をもっと軽く考えたい」「個人が集団の犠牲になる」といった部分が自分としては心に残ったりする。ここでは載らなかったが、「色即是空、空即是色」の話もしていた。「一切の価値が空しくなったとき、かえって鮮烈によみがえってくる価値という…

続きを読む