雨の中だった居場所@明治神宮の森

7月の不適応者の居場所は、明治神宮の森を歩いて隣の代々木公園で休憩するコースだった。木が高く奥行きが見えないほど深い森だった。静かななかに早くもセミの声が聞こえる。このすぐ向こうに表参道や竹下通りがあるのが信じられない。ちょっとした川が原宿駅方面に流れているのだが(写真撮るの忘れた)、この川、この後どこに消えるんだろうと不思議な気分になる。 けれどもこの日印象に残ったのは、天気予報が完全に外れて途中から本降りになった雨だった。明治神宮の後半から代々木公園にかけて、激しい降りになった。しかたなく公園の東屋で他のグループと一緒に雨宿りをしつつ休んだ。せっかく延期までしてこの日に決行したのに、こんなコンディションでは、日を選ばないのと一緒だよというくらい悪条件だった。 そんなことがあったら、「ああ台無しだ」とがっくり来そうなものだけど、そうではなかったのが印象に残ったのだった。晴れの日ほど満喫はできなかったものの、全然台無しとは思えなかった。 いや、面白かった。雨が降った後、晴れあがって日が出る時もいいし、降っている最中に「参ったなー」となっていることさえ、もしかしたら楽しんだかもしれない。あくまでも自分は、だが。 遠回りをすることや手間がかかることは、するべきでないこととされているが、実は時間に余裕のある者にとっては、特に問題ではない。それは時間がない人の価値観でしかない。そんなことを、ウォーキングをするようになったここ10年ほどよく考える。ウォーキングはそのものが遠回りであって、グーグル…

続きを読む

就職氷河期の原因は「大卒者が増えたから」

これは言っておいたほうがいいと思っていたことがある。就職氷河期世代とかロストジェネレーションに関する「あること」だ。 去年7月に出版された小熊英二氏の『日本社会のしくみ』という本で、こんなことが強調されている。 1)正社員の数は、バブル崩壊前も後も、今に至るまでほぼ一定である。2)90年代から正社員に就職できない大卒者が増えたのは、大卒者の数が増えたからだ。3)90年代から非正規雇用の数が増えていったのは、自営業者が非正規に転じたからだ(雇用される人が増え、それらの人が非正規雇用になった)。 これが詳細なデータとともに示されていて、十分な説得力がある。このことは第一章の主旨となっていて、本のなかでも特に強調されていることと言える。(1については、業種によっては正社員を減らし、非正規を増やした部門も一部にあると書かれている。2については単に人口が多かっただけでなく、大学数の増加も大きい)。これらのことは、個別にはしばしば取り上げられていた。けれどもこうして、まとめて体系的に説明されたことはなかったように思う。 これを知って仰天する人は多いのではないか。 もちろん、前後の時代より「正社員になりたかったのになれなかった人」がたくさん出て、大変だったことに変わりはない。だから文句を言っていいし、賃金を上げるよう要求していい。余力があるなら正社員化も必要。同一労働同一賃金は当たり前だ。これが非正規雇用の問題そのものだ。 では何が違ったのか?そこから広がっていった面白い尾ひれの部分、時代論・世代論…

続きを読む

7月の「不適応者の居場所」は明治神宮の森でどうか?

事情により放浪を強いられている「不適応者の居場所」、7月は明治神宮の森を見るのはどうでしょうか? 明治神宮の敷地内にある森は、あまり知られていないけれども、都心では最大級で(というか最大?)、鬱蒼としていて夏の散歩も大丈夫。こんな場所にこんな森が!と呆れかえるほど。その森を駄弁りながら散策して、その後隣の代々木公園で休むのがいいのではないかと。(神社そのものには興味なし)。 明治神宮(最寄り駅は原宿) 日時:7月2526日(土日)13時から日暮れまで?(天気予報が目まぐるしく変わるので、この日程も24~26のどこかの仮決めくらいに思ってください)集合場所:13時、明治神宮入口鳥居左側の看板の前あたりに(地図の赤丸1)コース:鳥居から入り明治神宮の神社を通って原っぱに向かい、一度休憩(赤丸2)。その後再び別の森の道を抜けて敷地を出る(ここまで2時間くらい? 敷地内には原っぱ以外には座れるところなし)。その後、代々木公園に向かい、噴水池のそば?で休憩。 持ち物:自分が座る敷物や飲食物(必要なら)は持ってきてください。 対象:ひきこもりがち、フリーランス、労働週2以下、心の病、社内ぼっちなど、様々な理由でつながりをなくしがちな人。 注意:一方的な支援活動ではないので、参加している人が互いに、相手を思いやる気持ちがなければ成り立ちません。   また、熱がある、のどが痛いなど、体調に不安がある場合は決して無理をしないでください。  料金:今回は下見もあったので、毎度の計画や引率、オンライン司会な…

続きを読む

『月刊むすび』7月号はコロナ特集

マクロビオティックの雑誌『月刊むすび』7月号はコロナ特集。自分の連載記事もオンラインでつながったり、人間以外の何かとつながる方法を紹介している。この連載は、当初の予定を超えて2年目に突入することになった。ちなみにこの雑誌は、マクロビのことだけ載せているようなものではなく、食を中心にした情報誌になっている。

続きを読む