2011年01月13日

南米では革命が起きているのに

チャベスと民衆 2004年.jpgオリバー・ストーン監督の映画『国境の南』が、日本で公開されないのが痛い。
この映画では、ここ10年の間に、南米大陸で貧困層(というか富裕層でない一般の人々)のための政権が続々と生まれていることを生き生きと伝えている。今や南米では、従来どおりの富裕層優先・親米の政治を貫いている国はコロンビアくらいになっているが(日本はこのコロンビアに似ている)、この重大な事実が日本ではほとんど知られていないのだ。


その革命の先頭を切ったベネズエラでは、99年にチャベス大統領が就任して、最低賃金を引き上げ、貧困層(一般人)に無料で医療や教育を与え、スラムでの居住権を認め、職業訓練などの失業対策を進めた。アメリカとも躊躇なく対立した。国の貧困率は大きく改善し、彼はもう10年以上も人々から圧倒的な支持を得ている。

こういうふうに政治を変えることはできるのだ。社会を豊かにするためには、我々が思い込まされているように、景気を回復させ、消費や輸出を伸ばし、大企業を儲けさせ、皆がそこで雇われるようにする以外にない、なんてことはない。そんなものは”豊か”でもなんでもなく、”大企業の経営者が望む社会”でしかないのだ。


south of the border.jpgチャベスのこの政策に対してベネズエラの富裕層は、自分たちは何も生活に困っていないくせに、全力で反チャベス運動を展開している。そんな彼らの最大の武器は、民放テレビと新聞を中心としたマスメディアである。2002年には、アメリカの力を借りてクーデターも起こしたが、失敗した。この時、2日間だけ大統領の座に就いた首謀者は、軍人でも政治家でもなく、ベネズエラ経団連の会長だった(!)。

少なくともこの国では、一般層のための政治に反対するのが経団連の会長であり、商業的マスメディアが彼らのプロパガンダの道具であることは、どれだけ強調してもしたりない。日本の社会についても、思い当たることがある。


このベネズエラ革命は、南米全土に飛び火している。

このことを日本のメディアがまったく報じないのは、極めて不自然ではあるが、意図的なことなのかどうかはわからない。ただそのせいで、我々が別の選択肢(オルタナティブ)を想像できなくなっていることは間違いない。

参考:勢いを増す南米の左派政権 (知恵蔵2010の解説)
オリバー・ストーン『国境の南』インタビュー (デモクラシー・ナウ・ジャパン)

『国境の南』予告編 (YouTube、英語)
関連日記:選挙には行こう
図上はチャベス大統領とベネズエラ民衆(2004年)。下は『国境の南』のポスター。デザインはやはり黒と赤に星。
posted by 鶴見済 at 00:36| 人間界の経済 | 更新情報をチェックする