2011年01月22日

日本でも遺伝子組み換えが認可される

遺伝子組み換え大豆畑.jpg日本でもついに遺伝子組み換え(GM)作物が認可されそうだ。

今回申請されたのは、医薬品系農薬グローバル企業である「バイエルクロップサイエンス社」(註1)の除草剤耐性ダイズで、日本の農水省はこれを認可しようとしているが、その前に一応人々の意見(パブリックコメント)を募っている。

これに対して、『オルタ』を出しているアジア太平洋資料センター(PARC)がサイバーアクションを起こしている(ただし今日まで)。

農林水産省パブリックコメントにあなたのメッセージを! (PARC


GM
作物を作るということは、遺伝子を組み替えていない普通の植物はすべて枯れてしまうほど強力な農薬をぶっかけるということであり、それがぶっかけられた農作物を誰かが食べるということだ。だから農薬メーカーが開発しているのだ(註2)。

これがTPPによる自由化に備えた、日本の農業の立て直しの一環なのかもしれない。完全に間違っているが、間違った方向で一貫しているので手が焼ける(註3)。

(註1)バイエルクロップサイエンス社HP

(註2)参考日記:グローバル企業は種も独占する
(註3)日本はコメの輸入自由化を警戒して、新しい販路を確保しようと、中国にコメを輸出しようとしている。わざわざ輸送に使うエネルギ−を浪費してコメの輸入と輸出を同時に拡大しなくてもいいから、自分たちで作ったコメを自分たちで食べればいい、ということくらいわからないのか!?

農産物の対中輸出拡大へ コメ含め日中が基本合意 (産経)

写真は遺伝子組み換えダイズの畑。これだけの広い面積に他の植物は一切生えない、生物多様性の対極にある場所。
posted by 鶴見済 at 12:11| 人間界の経済 | 更新情報をチェックする