2011年03月14日

震災が垣間見せる「もうひとつの世界」(追記あり)

1号機と3号機の爆発_edited.jpgニュースでは大丈夫そうなことを言っているが、そう思っている人もいるまい。震災自体が地獄だが、原発のほうもずっと、地獄まで首の皮一枚の状態だ。

炉心溶融寸前が3機もあり、そのうち2機が水素爆発を起こしてるだなんて、もう言葉がない。

震災だって悪いことばかりではないと思いたい。ある意味、「もうひとつの/こうじゃない世界」を垣間見せてくれている。

もし無事に普通の状態に戻れたら、こういうふうに助け合いながら、停電はあってもいいから原発のない社会に、工場は止まってもいいから、エネルギーを浪費してまで成長を目指さない社会にしていけばいい。そう思える。

とりあえず自分も節電するので、飲料自販機のコンセントを抜いてもらって(註)、ネオンサインを消してもらおう。


(註)国内の清涼飲料の自販機260万台が使う電気は、原発1基分の発電量になる。

 ⇒缶ジュースに見る消費社会の問題  自動販売機という無駄

(参考)山口県知事、上関原発の工事中断を要請 (日経。素晴らしい!)

      米第7艦隊、原発風下から離脱 放射線検出受け (AFP)

    原子力事故が起こったら 市民の防災ノート伊那谷版

関連日記:原発の輸出を喜ぶ国  日本の原発輸出を大新聞が推している  
       なぜ原発は推進されるのか

(追記)
15日になって、2号機の爆発、4号機核燃料プール付近の火災で、首の皮一枚つながっているかどうかわからなくなった。
福島第一原発4号機、超高濃度放射能が拡散 (読売)

仏大使館…自国民に外出自粛の呼びかけ (読売)
「福島第一原発での一連の事故を受け、「10時間ほどで弱い放射線が東京に到達する恐れがある」として、都内に滞在する自国民に外出を控えるよう勧告、さらに、「パニックに陥らず、家の窓を閉じよう」と呼び掛けた。」
なぜフランス大使館の呼びかけを参考にしなきゃならんのだ!?
放射線から身を守るために

posted by 鶴見済 at 23:10| 原発 | 更新情報をチェックする