2011年04月11日

すべての拳を掲げろ

高円寺デモ.jpg「すべての拳を掲げろ! 私たちに新鮮な空気を吸わせろ! きれいな海を! きれいな空気を! これからも吸い続けたいぜ! 希望を! 本当の正義を!!!」

「私たちが生きてる間には解決できないかもしれない。それでも声をあげたいぞ! 未来に希望を残したいぞ! 子どもの子どもの子どもの子どもにも海で泳がせたいぞ!」

             ──rumiskyfishのデモでのMC(註)

 

大変なことが起きた。
高円寺の原発反対デモに1万5千人の人々が集まった。

これまでに行ったどのデモとも違うことは、いつも出発点に使っている公園に人々が溢れて入れないことでわかった。若者だけでなく、大人も子どもも年寄りもいる。出発してもしばらく身動きが取れない。自分がいたのがデモのどのあたりだったのかも、よくわからない。あまりにも隊列は長出発点の公園.jpgく、あちこちで立ち往生した。周りでは、「原発やめろ!」のコールがあちこちから自然発火のように起こり、それがデモの間中続いた。自分が終点の高円寺駅前に到着してから、デモの最後尾が来るまで1〜2時間かかった。

もちろんデモが盛り上がっても、社会が変わらなければ喜べないが、とりあえず人々の思いがわかった。朝日も読売も毎日も報道しなかったが、これをニュースだと思わないなら、笑ってやる。


(註)2011.4.10 高円寺原発反対デモrumi + skyfish

(参考映像)高円寺・原発やめろデモ!!!!!! 2011.4.10 
(とにかくこの映像を見てほしい。これでも、デモの先頭でなく、後ろのほうなのごく一部なのだ。他にもネットで動画はたくさん見られる。)

(参考ニュース)東京・高円寺で反原発デモ ネット通じ1万5千人 (共同)

「浜岡停止」求め2500人が都内で集会デモ (産経)

東電・清水社長、経団連副会長辞任へ (読売)

経団連会長、原発事故「甘かったのは国の安全基準」 (日経) 

「東電には頭が下がる。甘かったのは東電ではなく、国が設定した安全基準のほうだ」

東電が経済界の中枢にいるなら、マスコミも批判できないわけだ。
写真下は出発地点。デモの長さがわかる写真がなくて残念。

posted by 鶴見済 at 20:56| 原発 | 更新情報をチェックする