2011年04月27日

カネでは償えない苦痛が今、福島で

福島県産牛乳 学校給食で●福島では、逃げたくても逃げられない妊婦・母親がたくさん出ている。

20人の妊婦さん、全員来れませんでした! (被災者支援・つなぐ光)

「現地では、避難しようにも避難できない「しがらみ」があります。多くの親族や友達がいて、みんなが歯を食いしばっているわけですから、「自分だけ」が抜け出すのは許されない呪縛があります。」

ユメル(新生児の母親で福島から逃げられないユメルさんからのメール)

「母乳からヨウ素がでたとニュースで報道されていても泣きながら授乳をしています。」 


●その他、福島で起きている苦痛は、到底カネで償いきれるものではない。せいぜい原発を推進してきた連中、儲けてきた企業の資産をかき集めて賠償することだ。国民だって被害者なのだから、税金や値上げした電気料金で償うなど許されない。
「警戒区域」、瀕死の家畜を殺処分へ (読売)
震災前の時点で警戒区域の9市町村には牛約4000頭、豚約3万頭、鶏約63万羽、馬約100頭が飼育されていた。」

原発に負けない 福島・飯舘で集会 (毎日)

「決起集会「愛する飯舘村を還せ!!」を開いた。約200人が参加した。」

福島第1原発:福島の農民ら350人 東電へ抗議 (毎日)


●苦痛は、関東にも及んでいる。野菜の産地を気にし、自分の子供を気遣って水筒を持たせる母親が「神経過敏」で厄介な人扱いされるとは! それが“普通の神経”だ!

「風評被害キャンペーン」も非常によくない。ストロンチウム90のように、飛び散っているのがわかっているのに、基準値がないから調べていない放射性物質もあるのだ。放射能が混ざった食べ物が売れなくなるのは、本当に残念だが仕方のないことだ。だからそれを食べることではなく(そんなことをしたら放射能の被害がどんどん拡大してしまう!)、皆で文句を言って、放射能をばら撒いた連中に賠償させることで解決するべきだ。

「野菜の産地はどこ」「水筒持参したい」 母親たちの放射能過敏 (JCAST

再度、ストロンチウム90に警戒を (私設原子力情報室)

鎌仲ひとみ氏のツイート

「チェルノブイリの時、スウェーデンでは2ヶ月みんな牛乳をがまんした。」

5・7 原発やめろデモ!!!!!!!.jpg●24日(日)には、東京のふたつのデモに約1万人が参加した。ゴールデンウィークにも原発に反対するデモが続々とある。ここ数年散々デモに行っていたが、同じテーマで毎週これほど大きなデモが起きるなんてありえないことだった。そのくらい、この盛り上がりは凄まじい。

東京、毎日、朝日などの新聞も、原発の批判をするようになってきたが、人々の声がこのいい変化を後押ししていることは間違いない。日本のムバラクやカダフィを黙らせるまで、もう少しだ。
すべての拳を掲げろ!!!

4月30日(土) 脱原発デモ@渋谷・原宿

5月3日(火・祝)自由と生存のメーデー 2011 (今年は原発と労働をテーマに入れている)

5月7日(土) 原発やめろデモ!!!!!!! (このデモは逃してはいけない!)

「反原発できっこない」石原知事、保坂新世田谷区長を批判

「原子力に関する日本人の独特のセンチメントがある。風車とか太陽光とか言うのはやさしいが、今の日本経済を支える電力の供給はできっこない」

図は、福島の小学校給食に地元の牛乳を使うようになるという通知。「原発の安全神話」は崩壊したのに、「放射能の安全神話」は揺らがない。

posted by 鶴見済 at 23:50| 原発 | 更新情報をチェックする