2011年05月06日

民主党が原発を止めている

東京新聞 高円寺デモ記事.jpg●油断はできないが、民主党は原発に関しては意外によくやっている。この時期、自民党政権だったらヤバかった。ただこれも、皆がデモなどで怒っていなければ、どうなっていたかわからない。

菅首相:G8サミットで新エネルギー政策表明へ (毎日)

政府、新成長戦略見直しへ 原発などエネルギー政策修正 (共同)

浜岡原発:全面停止へ 首相、中部電に異例の要請 (毎日)


●アースデイでの田中優氏によれば、電力消費の4分の3は企業・業務用であり、4分の1の家庭がどれだけ節電の努力をしても限界があるという。

例えば、東京ディズニーランドとディズニーシーでは、一日に合わせて57万キロワット、一般家庭約6万世帯分の電気を使っている。また、アルミニウムは別名「電気の缶詰」とも言われていて、その精錬過程では全世界の使用電力の約3%もの膨大な電力を使っている(註)。

「生活レベルを下げたくなければ原発は必要」と推進派は言うが、使い捨てのアルミ缶や電飾であふれた生活など、高いレベルの生活でも何でもない。結局、大企業のカネ儲けのために犠牲になれというのが、「経済のため」という言葉の意味だ。

(そして推進派の政治家は「経済のため」と言いながら、実は「核爆弾を作る技術のため」に原発をほしがっていることにも注意。)

東京ディズニーランド営業再開にブーイングも

(註)『世界から貧しさをなくす30の方法』(田中優他編著)より


●「チェルノブイリで出た放射能が広島原爆の800倍」であり、「福島がチェルノブイリの10分の1」なのだから、「福島は広島の80倍か!」と飯舘村の人が集会で怒っていた。

原発やめろデモ!!!.jpg●これは、東電という会社が起こした特別な問題ではないし、さらに言えば原発だけに限った問題でもない。大企業と政治家(と官僚、マスコミ、等々)が、人々に見えないように、癒着して動かしている大きな何かが見えてしまった。それを丸ごと変えるための、またとない機会だ。

そしてその癒着には、地方の政治家も加わっている。

83年福井県敦賀市長の「原発講演会」記録

「まあそんな訳で短大は建つわ、高校は出来るわ、50億円で運動公園は出来るわね。(…)そりゃあもうまったくタナボタ式の街づくりが出来るんじゃなかろうか、と、そういうことで私は皆さんに(原発を)お薦めしたい。これは(私は)信念を持っとる、信念!」

 

●明日5月7日の、渋谷・原発やめろデモ!!!!!!ほど、悪いことは言わないので行っておいたほうがいい、と思うものはない。RANKIN TAXILIKKLE MAIDJ TASAKA、藤波心、RUMIのほか、BOφWYGAUZEHiSTANDARDの名前も。デモなので無料。

⇒ 5・7 原発やめろデモ!!!

写真は、5月4日東京新聞の最近の脱原発デモの記事。

posted by 鶴見済 at 23:11| 原発 | 更新情報をチェックする