2011年06月04日

経済成長をやめれば原発はいらない(追記あり)

産業部門のエネルギー消費の推移.gif●福岡の経済団体が、原発再開を求めている(註1)。浜岡原発を止めた時も、文句を言ったのは経団連であり、電力の不足に色めきたったのは自動車産業の工場だった。

あくまでも自分が見たところでは、この国の原発が欲しい二大勢力は、@原発を作って儲け、さらにその電力で生産・販売活動をしたい経済産業界と、A核爆弾を作る技術を持っていたい政治家だ(註2)。ただし今時、Aがどれだけ力を持っているのかはわからない。

(註1)福岡経済同友会「原発早期に再開を」 電力安定供給求める (日経)

「経済界を挙げて国や自治体などに原発再開を強く求めていくことで、経済活動への影響を最小限に食い止めたい考えだ。」

彼らは本当に、経済活動より大事なものが想像できないらしい。

(註2)「現在の青森県・六ヶ所村で、この三菱重工が主幹事会社となって建設してきた核燃料サイクル基地(再処理工場)が、プルトニウム兵器の製造のためであることを疑わない人間は、どこにもいないであろう。」(広瀬隆 『私物国家』 1997年より)


●「原発に反対するなら代替案を言え」というのは、推進派が昔から言い続けている批判封じの作戦なので、あまり気にすることはないと思う(「自然エネルギー」と言えばそれで十分だ)。ただ、電気を使わない方法を考えるのは楽しい。

セシウムを吸収する野菜.jpg飲料自販機全廃、ディズニーランドのエレクトリカル・パレード中止、コンビニ・ファストフード店は深夜は閉める、電気屋の店頭商品の電源を切る(いくつ点けてるんだ!)、工場の休みを増やして新製品を減らす、その分中古品を再利用する…等々、電力の4分の3を使っている、企業や業務部門(非家庭)の節電策ならいくらでも浮かぶ(註3)。さらには、大量生産、大量販売、大量輸送、大量廃棄をやめて、経済成長を目指さないこと。これが自分の代替案であり、脱原発とセットで進めるべき大事なことだと思っている。

(註3)家庭の平均的電力消費率は25%前後 (今村和宏氏のツイート)


●6月11日(土)の脱原発100万人アクションがすごい。全国で今のところ41もの脱原発デモが予定されているのだ! ザマーミロ、経団連!
ANTI NUCLEAR DEMO 日本全国デモ情報 (マガジン9)


(参考)原発事故でも受注は増加見通し 三菱重工、補修工事増で (朝日)

今年度は、東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で他の原発の補修工事が増え、当初計画の2千億円を上回る見込み。2012年度も補修工事の増加で4千億円と予想する。新規建設は14年度に約6千億円とする従来の目標を変えなかった。」

原発の安全推進も、結局は経済産業界の儲けになる。

(参考2)リトアニアの原発に応札 日立、東芝の子会社(東京)
彼らは、小国や新興国にまで原発を売って、まだまだ儲けようとしている。こういう国での事故も恐い。

(参考3)再生可能エネルギー先進国に学ぶ 〜原発なきエネルギー政策は可能か〜 (NHKエコチャンネル) 
日本は世界に冠たる太陽光発電、地熱発電の技術を持っているのに、原発固執政策のせいで、その恩恵を受けているのは海外の人々なのだ!

図上は、日本の産業部門別エネルギー消費の推移。9割を製造業が占める。エネルギー白書2010から。下は、関係ないが、セシウムを吸いやすい野菜と吸いにくい野菜。

(追記)
NHKで放送された「シリーズ原発危機」の1回目が素晴らしい。爆発が起きていた頃、内部の連中は「もうおしまいだ」「最悪の事態だ」と思っていたのに、我々には「大したことない」「問題ない」「騒ぐな」「心配するな」ばかり繰り返していたことに心底怒りを覚える。こういう目にあっても、「怒りはよくない」「反対するのは違う」と言う人たちの気が知れない。
この映像が消されるのは、多分時間の問題。

(追記2)
節電のため、省エネ家電に買い換える人が急増している。新製品を作るのにも電気(エネルギー)と資源を使っているし、廃棄にもエネルギーを使うという、当たり前の感覚を忘れてはいけない。
節電:エアコン、冷蔵庫…白物家電の売れ行き好調 (毎日)
「大型家電を扱う日立アプライアンスは(…)、エアコンの在庫を積み増そうと前年より3〜4割の増産体制を取る。」
これでは意味がない。

posted by 鶴見済 at 22:58| 原発 | 更新情報をチェックする