2007年01月30日

憲法”改正”の中身には気をつけたほうが

自民党が、今の国会で憲法“改正”のための大きなステップである「国民投票法」を無理に通そうとしているのが嫌だ。
全般的に、憲法のどこをどう変えるのかちゃんと検討されてるとは思えないんだが、なんでこんな“改正”の手続きばかりがどんどん進んでいったり、単に“改正”に賛成か反対かだけを訊いている世論調査が横行してるのか?

というわけで、自民党が2004年に発表した「憲法改正のポイント」と、翌年に出されて今の首相もベストだと言っている「新憲法草案」にリンクを貼っておく。

憲法改正のポイント
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/2004_seisaku/kenpou/index.html

4番目の「公共」についての項目では、
“家族は、一番身近な「小さな公共」““国家は、みんなで支える「大きな公共」”
なんていう、ちょっとどうかと思う見出しがつけられていて、個人主義について否定的なことが書かれている。
(また資料1「憲法改正に国民の8割が支持」という世論調査結果の内訳を見ても、とても作為的で参考になる。)

自由民主党 新憲法草案
http://www.jimin.jp/jimin/shin_kenpou/shiryou/pdf/051122_a.pdf

こっちの前文には、
“日本国民は、帰属する国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支え守る責務を共有し”
なんてことまで書いてある。

実に国家主義、「公」主義的で、必然的に個人主義を軽視しがちな内容なんだが。
こういうものを国の最高法規にするのは極めてマズイだろう。
少なくとも、気をつけておいたほうがいいと思う。どうも、こういう個人の自由の抑圧的なことは、あまり声高には言わないようだから。
こういうことが広く意識されていれば、手続きだってそうズルズルとは進まないはずだ。

もちろん、最大のポイントである9条の書き変えと「軍隊の保持」についても反対だが、それについてはまた後で書こう。
posted by 鶴見済 at 19:31| 人間界の政治 | 更新情報をチェックする