2007年03月26日

政治的無力感を超えて

自民党がムキになって憲法“改正”の手続きである「国民投票法」を成立させようとしてるのが、相変わらず嫌だ。
すでに安倍内閣の支持率も不支持率を下回ってるんだし、誰もこんなものを「最重要法案」「緊急事項」なんて思ってないのに。じゃあ、一体誰のためにこんなこと強引にやってるのかというと、結局自民党のためなんだと思う。

自民党は1955年の結党時に、すでに「憲法改正」と「国情に相応した自衛軍備を整え」ることを謳っている。それ以来、事あるごとに「今こそ憲法改正が必要だ!」と叫び続けてきたのだ(それでも、憲法改正を自分の公約にまで掲げた首相は安倍だけだが)。
自民党の言い分には今も昔も大差はないが、これまで改正手続きの国民投票法すらなくてよかったのは、国民がそんなプロパガンダに乗せられずにすんできたからだ。

今の首相や自民党は、別に国民にとって重要な事をやってるわけじゃなく、自分たちの「念願」を少しでも叶えておきたいだけなんじゃないのか? 国民投票法ができれば、憲法“改正”は、初めて現実的な一歩を踏み出したことになるんだし。

今のこの国の政治は、自分が今までの人生で経験したなかでも最悪だ(特に、2005年の小泉圧勝選挙あたりから去年までがひどかった)。もう、国民のためにもならない政策に、国民が普通に反対できなくなってしまっている。
政治的無力感に陥ってしまっても当然なのかもしれない。
が、もう無力だろうがなんだろうが、あえて嫌なものは嫌だと言わないと、単にもっともっと悪くなるだけのような気もする。
ので、自分は言ってみた。
ああ、国民投票法は嫌だ。
 
posted by 鶴見済 at 19:34| 人間界の政治 | 更新情報をチェックする