2018年12月15日

「不適応者の居場所」12月の報告

20181214 (1).JPG12月の「不適応者の居場所」、また会場いっぱいの方々に集まっていただいた。
前回来ていただいた方もかなりいたのに、皆さん大体初対面という雰囲気は変わらず、そこがいい。
ひきこもりの会、無職の人の会、DV被害者の会、お金のない人の合コン、趣味の音楽の会、もくもく会など、様々な集まりを開かれている方々から話を聞くことができて、なんだか元気が出る。
家を持たずに世界中で仕事をしている方の話もためになった。

0円ショップ(写真)でもわりと交換が盛んで、自分もマンガ、だしの素、箸などをもらってしまった。

それから、相当酔って、相手に暴言にも近い滅茶苦茶なことを言いまくってるような人には、次回からはもっときちんと対応したい。人づきあいが苦手な人の多い会で、それはやめてほしい。これは支援活動でも飲み屋でもなく、最もシンプルな助け合いの場なので(『0円で生きる』参照。単に会うだけでギブ・アンド・テイクが成立するということ)。

また個人的課題としては、今後はもっと移動して、色々な会話の輪に加わっていこうかなと。

次回は1月の半ばにやりたい。
まったく同じような、もう少し広い、そして土日にもできるスペースが見つかればいいのだが、なかなか難しい。
posted by 鶴見済 at 12:56| Comment(0) | 不適応者の居場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。