2018年12月22日

「集まりたい」という人間の巨大な欲求

「本当のところを言う」のが10代のころから、大事なことだと思っていた。弱い面、うまくいっていない面があれば、そう言う。誰もがそうしていれば、無駄な憧れ、嫉妬、劣等感、やっかみ、反感なんかも相当減るだろうと思う。

先日、無料放出アクションの0円ショップで、通りかかった男性がこう聞いてきた。

「いや、なんで、なんでね、こんな寒い中で、こういうことやってるんですか?」

その質問には、挨拶ではない真剣味が感じられたので、こう答えておいた。

「こうやって集まったり人と会ったりしてるのが楽しいんですよ」

これはあくまでも数人のメンバーのなかの自分の意見にすぎないし、他にも答えようはいくつかある。捨てるしかないと思っていた物を、他の人が喜んで貰っていくのは、本当にスカッとする。おすそわけ経済の推進のためでもある。けれどもそれは、「本当のところ」2番目以下だ。
もしこの時に、「地球環境のため」等の高邁な理念を言ってしまったら(もちろんそれもあるが)、あの人はどう思っただろう。

「宗教みたい」

こう思うのではないか。これはまったく謎の感覚で人が動いている時に浮かぶ、代表的な考えだ。自分たちの0円ショップが、そう思われていた面もあるとも聞いた。

世の中には無数の、高邁な理念を持つ無償の活動がある。支援のボランティア活動とか。それらも「集まるのが楽しい」、そして「何かやりたい」「何もせずにいるのもつまらない」、さらに「どうせやるならいいことをやりたい」といった動機から行われている側面が大きいと自分は見る。そういう世界に接してきて、そう思うにいたった(それ以前には、自分にも「宗教みたい」と見えていた)。

宗教団体の活動でさえ、「集まるのが楽しい」から来ているのではないかと今では思う。高邁な理念に比べて、こうした動機が何割何割になるかはその人次第と言えるし、活動の種類や緊急性によっても違うだろう。けれども、少なくともそんなに小さくはないと思うし、半分以上である場合が多いのではないか。こういう本音はアンケートを取っても出るとは限らないので、勝手な推測だが。

主義主張が違うあれやこれやの無償の活動も、表看板ではなく、こうした本音の部分から見てみるとどうだろう。もしもその動機の大きな部分が同じ「集まりたい」から来ているのなら、この人間の「集まりたい」という欲求の巨大さに圧倒される思いだ。
社会的な活動でなくても、ママ友のランチでも、高齢者の趣味サークルでも、チームでやるスポーツのグループでもいい。それらを「集まりたい」の視点で見渡すと、人間はどれだけそこにエネルギーを注いでいることか。
こっちのほうを真剣に考えてみてもいい。

※「集まること」だって、楽しいばかりじゃないという「本当のところ」も書き添えておく。話が複雑になるけれども、誤解のないように。「集まって楽しー」的な情報が溢れすぎていることも問題なので。

posted by 鶴見済 at 11:19| Comment(0) | 生きづらさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。