映画『英国王のスピーチ』に見る対人不安の解決法

51ao3y0YeOL._SY445_.jpg『英国王のスピーチ』というアカデミー賞作品賞まで取った映画が、社交不安障害や吃音症をテーマにした実話で、とても考えさせられる。
ちょっとネタバレしてしまうので、見ると決めている人はここから先は、見た後で読んだ方がいい。

【ネタバレ】
スピーチの場だけでなく、日常的に対人場面で緊張してしまって、言葉が出なくなったり、どもってしまったりする英国王子(後に国王)が、それを克服しようと悪戦苦闘する映画だ。
そして、”I have a voice!”という自分が発した言葉を転機に変わる。
その日本語訳がおそらく訳者の意図を超えて、偶然核心を付いているのだ。

「私には伝えるべきことがある!」
これが字幕に出る訳である。”I have a voice!”は直訳すれば、「私には話す権限がある」だが、訳はこうなっている。
このことが、偶然なのかもしかしたら意図的なのか、吃音症の治療の主眼としてよく語られることなのだ。声が震えるかどうか、つかえてしまうのではないかということよりも、相手に何かを伝えるために話すのであって、そこがすべてだと思ってしまってはかえってうまくいかなくなる。
英国王のスピーチと吃音臨床について書かれた、吃音専門のブログ

【ネタバレここまで】


吃音に限った話ではなく、日常におけることすべてにおいてこれは言える。例えば、動きがぎこちなくなってしまうとか、どぎまぎしているのを見破られて変に思われるのではないかとか、対人場面に限らず、何か取り返しのつかない事態に至ってしまうのではないかとか。こんな不安は、大なり小なり誰にでもあることだろう。
そこはもちろん気になるところなのだが、「どう見られるか」というのは、生きる上でメインの部分ではない。

がんじがらめに我々にまとわりついているその手の心配を取り除くことができるなら、人が目指す理想的な生き方は、ものすごくシンプルな形で目の前に立ち現れるに違いない。

とは言え、過度に心配しなくていいなどと言われても、心配になるからこそ不安障害なのだが。それでも、基本はそうだ。

また、戦後の不安障害・緊張症・恐怖症の治療では、「不安はそのままにして、やるべきことをやれ」(森田療法)という趣旨のもとに、かなりスパルタな荒療治が行われたりもしたが、スパルタもよくない。少しずつやるべきだ。
ただ、実践面で慣れていくという過程を踏まないと、なかなか治らないというのも確かだと思う


「人前で話す」ことについて付け加えるなら、実践面においてすぐに効果があるのは、飽くなきリハーサルと抗不安薬だろう。
到底できないと思えることをしている人を見ても、少しずつ慣れていくことで、案外あんなふうにできるようになるのではないかと、最近は思うようになった。高い山に登るとか、すごい数の人の前で話すとか、多くのことについて。

※こういう話、相当慎重に書かないと、必死の思いで不安と格闘している人にとっては、「何言ってんだ!」と思えることが色々出てきてしまうのだが、ブログはあまり吟味しまくっていると書けなくなるので、このへんで。
※途中、書体と行間がおかしくなるところが出てしまうな、このブログ。


この記事へのコメント