5月の「不適応者の居場所」は石神井公園でどうか

石神井公園.jpg5月の「不適応者の居場所」は、石神井公園の散策をざっと散策して長い休憩、ではどうでしょう?
石神井公園には、天然記念物に指定されている鬱蒼とした「三宝寺池沼沢植物群落」があります。
そこをまた見てから、場所を決めて長い休憩を取るのでは?
ハッキリ言って休憩がメインですが、ここの池と植物群を見るのは、会に合っていていい気がしています。

日時:5月29日(土)14時集合。雨天延期。
場所:都立石神井公園。集合は公園入口、ボート乗り場・売店付近(図の右上赤丸のところ)。そしてまず三宝寺池まで一気にまわってしまい、場所を決めて、そこで日没まで休憩の予定。休憩場所は多分、石神井池のほうのくつろぎ広場。場所を決めたらTwitterで発表します。

やること:散策と飲食をしながらつながりを作る。シートはこちらで用意しますが、飲食物は基本は各自持参で。美味しい食べ物飲み物が、カンパ制で多少はあると思います。(酒は水筒に入れるなどして、隠しながら飲んだ方がいいかも)

対象:ひきこもちがち、フリーランス、労働週4以下、心の病、社内ぼっちなど、様々な理由で、つながりをなくしがちな人(とは言いつつ、実際には普通の駄弁り会と言うか。毎回4分の1くらいは初めての人)

注意:
・お互い様の気持ちで、相手の気持ちを思いやらないと成り立ちません。ハラスメント、攻撃を抑えられない方の参加はできません。
・途中から参加、途中帰り、中抜けして散歩、座る場所の移動など勝手に。
・すぐ近くに飲食物買うところはあまりなし。
・十分な間隔は取れるようにしますが、感染対策もよろしく。


今回発表が遅れたのは、いつも使っている代々木公園が酒禁止を打ち出しているため。
(今のところHPで飲酒禁止をうたっているのは、都内で代々木公園だけだと思う)。
屋内の飲食店のクラスター発生でさえ全体の1桁パーセント台だと言うのに、屋外で、しかも飲酒だけ取り出して締め付けることに、合理性があるのか本当に疑問だが。
人出の抑制というあまりにも大まかな、感染との因果関係も怪しいポイントに重点を置きだしてから、何でも禁止できるようになってしまった。

この記事へのコメント