「オンライン居場所@一番よかった映画」の結果

2月の不適応者の居場所は、オンラインで、「一番よかった映画」を各自推薦しあった。
あがった映画は下記のとおり。
ちなみにこの会にもとうとう海外(カンボジア)からの参加があって、カンボジアでのポルポトによる虐殺を描いた映画も紹介してくれた。
当地のコロナ情報もためになった。


<最初にあげられたもの>
早春スケッチブック
ビューティフル・マインド
ザ・コンサルタント
地獄の黙示録
白鯨
パーフェクトワールド
最初に父が殺された
パルプ・フィクション
リリイ・シュシュのすべて
レニー・ブルース
人数の町
バタフライエフェクト
肉乃小路ニクヨ(YouTuber)


<2番目以降>
ショーシャンクの空に
聖者の眠る街
タクシー運転手
Once upon a time in Hollywood
レザボアドッグス
セデックバレ
アインシュタインの脳
ローカルヒーロー  
ミスト

ちなみに、自分が話したことのひとつを。
映画でも音楽でも、この映画館、この雑誌、このラジオ番組で紹介していた、みたいなものを参考にして見たり聴いたりしていたのに、今はその部分がなくなってしまった。
だから、いいものがあったとしても見つけられない。映画も音楽も、作品そのもの(と数行の解説)を参考に、超メジャーも超マイナーも渾然と大量にあるなかから、受け手が直に手探りで選ばなければならない。
そのせいで、ある程度保証がある、エンタメ的に優れている作品をつかむことになって、そんな作品ばかりになったと思うのかな、など。

韓国が国としてエンタメに金をかけているという話も、知ってよかった。

この記事へのコメント