秋の居場所はまた昼に

Eztc_muVEAAL-71.jpg涼しくなってきたので、9月はまた昼の公園で「不適応者の居場所」をやりたいです。
最近は新刊のインタビューを受ける機会が多く、たいていのインタビューではこの居場所のことを話している。
初めて知る人も多いと思うので言っておくと、この居場所はつながりをなくしがちな人がつながりを作るためのもの。
とは言え、参加資格はそんなに厳密ではない。
やることは花見のように座って、近くの人と会話をするだけ。
途中に一度自己紹介の時間だけは作っている。嫌ならパスしてもいいし、短くてもいい。
参加者は公園では30人くらいで、中心は30~40代?。男女比は2:1。初めての人は4分の1くらい。
否定されるような場ではなく、肯定される場を作りたいと思ってやっている。
そんなところかな。
ひまつぶしに来てください。

*****************************
日時:9月17日(土)14時~18時 (雨の場合は翌日)
場所:代々木公園の三本きのこの休憩舎の向こう(図の青丸)(あるいは池のそば)。
正確な場所は、当日決まり次第Twitterの鶴見アカウントで発表します。

持ち物:各自の食べ物、飲み物(酒OK)。おいしい手作りの食べ物は、カンパ制でおそらくそこそこあります。
    
対象:ひきこもりがち、フリーランス、労働週4以下、心の病、社内ぼっちなど、様々な理由でつながりをなくしがちな人。

注意:
・参加者へのハラスメントや攻撃などはやめてください。攻撃を行う人の参加はできません。支援活動ではないので、おたがい様の気持ちで相手を思いやる姿勢がないと成り立ちません。
・途中で座る場所を変わったりするのは、こういう集まりでは普通。せっかく来たので、なるべくたくさんの人と話すのもいいです。逆に席を変わられても、がっかりすることはないです。
・ずっとは長いので、少しだけいるのも可。
・ほとんどの方はひとりで来られてます。

この記事へのコメント