2月の「不適応者の居場所」は15日(土)

20200117 (12).JPGつながりをなくしがちな人がつながる「不適応者の居場所」、2月は15日(土)にやります。
春夏秋は自然を見るのにも各々楽しみがあるのに、冬はほとんどなし。
冬の雲がない時の青空は、夏より色が薄く白みがかって(と感じる)、カッコいいなと思うことはある。
けれどもやはり少ない。
そして寒さは心を鬱にする。
特に2月は1年のなかでも「死の月」と言えるのではないか。
会話でもして、憂さ晴らししましょう。


日時:2月15日(土)17 16時~ 7時間くらい(途中から参加、途中退出ももちろん可)
場所:高円寺・素人の乱12号店
やること:飲食をしながら話すだけ。話さなくても可。
費用:会場代、食べ物(ビーガン料理とスイーツのケータリング)代、飲み物(アルコール有り)代の約 4万円をカンパで賄いたい。
注意:ハラスメントや勧誘はやめてください(勧誘の人が来たという話も聞かないが)。支援活動ではなく、お互い様の原則で成り立っているので。
対象:ひきこもりがち、フリーランス、労働週4以下、心の病、社内ぼっちなど、様々な理由でつながりをなくしがちな人。

※開始を16時からに早めました。先月より来場者が多そうなので。さすがに早めの時間、特に16時台は空いていると思います。長時間で大変なので、多分終わりはだらだら長引きません。

※会場奥に0円ショップを作っているので、放出できるものがある人、ただで物が欲しい人は使ってください。(残った物は本人が持ち帰り)。
※途中で会場が一杯になってしまった場合は、時間をずらして来てもらうことになるかも(遠方から来られた方は優先します)。参考までに、1月は金曜日でしたが、17時から始めて初めはかなり空いていたものの、20時台にほぼ満員に。21時から23時まではまた空き始めました。

※周囲から否定されていることは、生きていて最大の苦痛かもしれず、周囲から肯定されているのは最も心地いいことのひとつかもしれない。他者評価の絶対視には要注意だが。
このあたりは明確な考えを持っているのだが、それを居場所の告知でガンガン書いても気持ち悪いと思うのであまり書かない。
が、人に否定的な集まりなんか、ひとつ増やしても何の意味もない。世の中そればっかりで嫌になってるのだから。

※もう少し広い会場を知っている人、貸していただける方がいらしたらぜひ。条件は以下が理想だが、あくまでも理想です。
「安く(1万円以下?)7時間くらい使えて、花見のようにフラットに使える、20㎡・10畳以上、アルコール含め飲食可、そして中央線新宿~吉祥寺かその近辺?、土日に取れる」


"2月の「不適応者の居場所」は15日(土)" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。