2011年06月13日

サマー・オブ・ラヴのような出来事(追記あり)

611アルタ前集会.jpg「要求項目!!!!

私たちは以下の5つの項目を日本政府に要求します。

1.稼働中の原発の停止

2.定期検査中等で停止している原発を再稼動しないこと
3.原発の増設中止

4.児童の許容被曝量20ミリシーベルト/年の完全撤回

5.原子力発電から自然エネルギー発電への政策転換」

──611アルタ前集会で、アルタに映された原発やめろデモ!!!!の要求


新宿アルタ前広場が解放区になった。

自分にもわけがわからなかったが、西口の中央公園から2万人のデモ隊が終点・アルタ前広場に到着した頃、渋谷、港区、国立など都内で行われた他のデモの参加者も、アルタ前の集会に合流していたようだ。

自分はしばらく、広場の最後列なのにぎゅうぎゅう詰めという状態で、あまり聞こえないスピーチを眺めていた。が、いい加減に諦めて人ごみをかき分け、デモが終わっても会場の隅で何時間も(!)盛り上がり続けるドラムとダンスの輪に加わった。自分だってドラムは、デモで散々叩いた後だというのに、だ。
これほどの事態は、あまり経験したことがない。変な例えだが、ベルリンのラヴ・パレードみたいだった。

そうしているとアルタの壁に、原発やめろデモ!!!!!の要求項目が映し出された。気づいた人が、それを指差して皆に知らせている。なぜか涙が出そうになった。日本政府への要求をアルタに映すという、この堂々とした態度がいい。


アルタの文字.jpgここ3ヶ月、海外のことに目を向ける心の余裕はなかったが、エジプトに続いてヨーロッパでもこんなことが起きている。悲惨な状況だからこそ人が集まっているのだから、単純に喜ぶわけにはいかない。けれどもこれは、何度目かのサマー・オブ・ラヴかもしれない。少なくとも、そのくらいの大きな“何か”として、後々語り継がれるだろう。


(参考)611メディア報道について (小倉利丸氏、報道のリンク一覧あり)

この日のアクションの全国的、世界的な広がりからすれば、新聞報道の扱いは小さすぎる。自分が紙面を見た限りでは、五大紙のうち朝日と毎日にしか載っていなかった。

ちなみに、4月に高円寺で1万5千人のデモがあった時、記事を掲載しなかった朝日新聞に20数通の苦情が寄せられ、そのことが編集部内に回覧された。そのせいで次の週からは、朝日新聞ではデモの記事が載るようになったのだと、朝日の記者の方から聞いた。確かに、こういう件で20何通も苦情が来るのは、驚くほど多いかもしれない。これを知ってから、自分はまめに新聞や企業にも文句を書くことにしている。

(当日映像など)WE ARE ALL RADIO-ACTIVISTS (イルコモンズのふた。)

(参考映像)核は大地に刻まれていた〜死の灰消えぬ脅威〜(3)

ソ連の核実験場だったカザフスタンの被曝者を追ったドキュメンタリー。体内に入った放射性物質は放射線を出して遺伝子を切断し、切られた遺伝子のなかには、変な風にくっつき合うものが出てくる。それらが分裂を始めてしまい、癌をはじめとした様々な病気が発生するという。それなら、基準値以下はまったく問題ないわけはないだろう。

(参考ニュース)放射性ストロンチウム 地下水から検出 (東京)
保安院は海水からの検出について、またしても「予想していた」と言う。わかっていたなら、なぜ調べなかったのだ。

(追記)

原発凍結賛成は94% イタリア国民投票、開票ほぼ終了 (朝日)

将来的に「脱原発」賛成74% 朝日新聞世論調査 (朝日)

イタリアでも日本でも、脱原発派は圧倒的多数派であることがわかった。けれどもこの国は、一向に脱原発に向かわない。つまり、我々の民意を無視して物事を進めている少数の連中が確実にいる。そういうことも、311以降ハッキリ見えた。これは原発に限ったことではない。

イタリアの原発再開否決「倣うことはない」 与謝野経財相 (産経)

posted by 鶴見済 at 21:55| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

自民党より菅直人のほうがはるかにマシだ

世界も驚く基準値2000ベクレル.gif●原発のことなどそっちのけで叫ばれている、この「菅下ろし」は一体何だ?

菅直人は確かに、消費税の増税でも、TPPの推進でも、基地辺野古移転肯定でもまったくダメだった。けれども原発事故への対応はそれほど悪くなかった。きちんと東電や経済界と対立していた。自民党だったらこれはできなかったはずだ。

自民党は原発に最も責任のある政党だ。それがここで責任を問われるのではなく、逆に政権に入るなんてことは、本来ならありえないことだ。

そもそも「大連立」とは、保守一党独裁政権のことだ。そんなことを堂々と構想させてしまうほどに、我々は軽く見られている。

経済界、大連立求める 経団連会長「首相は捨て石に」 (日経)

選挙で選ばれたわけでもない一民間人に、こんなに偉そうに国に指図する資格はないし、マスコミもそれを連日のように大きく扱ってやる必要はない。

●「611脱原発100万人アクション」が盛り上がっている。デモは全国で60近く! イベントなどアクション全体では140を超えている! 

自分は「611新宿・原発やめろデモ!!!!!」に以下のような賛同文を書いた。他にも注目すべきメッセージがたくさん寄せられている。

「我々はすぐにパニックを起こすバカなので、メルトダウンでレベル7だとわかっていても、偉い人たちに教えてもらえず、逆に、『安心でちゅよ、大人しくしてなちゃい』と言ってもらいましたとさ。ふざけるなコノヤロー!!!」

これは前回の追記にも書いた、NHKスペシャル「シリーズ原発危機」の1回目を見て書いた。水素爆発の頃と変わらず、今でも我々はナメられ続けている。

(参考)原発事故報告 国民は後回しなのか (中日・社説)

「そこにはメルトスルー(溶融貫通)という聞き慣れない言葉が登場した。」「だがそんな重大問題を、国際社会への報告の運びに合わせて国民に公表するとは本末転倒だ。真っ先に情報を開示して説明を尽くすべき相手は国民ではないのか。」

「後になって小出しにすれば、意外と怒られない」というのが、おそらく彼らが会得した極意だ。

11か所でストロンチウム検出 (NHK

ストロンチウムは、セシウムが出ているなら絶対に出ているとわかっているのに、今になって「60キロでも検出された」「もっと詳しい調査を」などと言っている。今は海のなかのストロンチウムの調査が遅れている。東京には飛んできてないのか?

posted by 鶴見済 at 14:08| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

経済成長をやめれば原発はいらない(追記あり)

産業部門のエネルギー消費の推移.gif●福岡の経済団体が、原発再開を求めている(註1)。浜岡原発を止めた時も、文句を言ったのは経団連であり、電力の不足に色めきたったのは自動車産業の工場だった。

あくまでも自分が見たところでは、この国の原発が欲しい二大勢力は、@原発を作って儲け、さらにその電力で生産・販売活動をしたい経済産業界と、A核爆弾を作る技術を持っていたい政治家だ(註2)。ただし今時、Aがどれだけ力を持っているのかはわからない。

(註1)福岡経済同友会「原発早期に再開を」 電力安定供給求める (日経)

「経済界を挙げて国や自治体などに原発再開を強く求めていくことで、経済活動への影響を最小限に食い止めたい考えだ。」

彼らは本当に、経済活動より大事なものが想像できないらしい。

(註2)「現在の青森県・六ヶ所村で、この三菱重工が主幹事会社となって建設してきた核燃料サイクル基地(再処理工場)が、プルトニウム兵器の製造のためであることを疑わない人間は、どこにもいないであろう。」(広瀬隆 『私物国家』 1997年より)


●「原発に反対するなら代替案を言え」というのは、推進派が昔から言い続けている批判封じの作戦なので、あまり気にすることはないと思う(「自然エネルギー」と言えばそれで十分だ)。ただ、電気を使わない方法を考えるのは楽しい。

セシウムを吸収する野菜.jpg飲料自販機全廃、ディズニーランドのエレクトリカル・パレード中止、コンビニ・ファストフード店は深夜は閉める、電気屋の店頭商品の電源を切る(いくつ点けてるんだ!)、工場の休みを増やして新製品を減らす、その分中古品を再利用する…等々、電力の4分の3を使っている、企業や業務部門(非家庭)の節電策ならいくらでも浮かぶ(註3)。さらには、大量生産、大量販売、大量輸送、大量廃棄をやめて、経済成長を目指さないこと。これが自分の代替案であり、脱原発とセットで進めるべき大事なことだと思っている。

(註3)家庭の平均的電力消費率は25%前後 (今村和宏氏のツイート)


●6月11日(土)の脱原発100万人アクションがすごい。全国で今のところ41もの脱原発デモが予定されているのだ! ザマーミロ、経団連!
ANTI NUCLEAR DEMO 日本全国デモ情報 (マガジン9)


(参考)原発事故でも受注は増加見通し 三菱重工、補修工事増で (朝日)

今年度は、東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で他の原発の補修工事が増え、当初計画の2千億円を上回る見込み。2012年度も補修工事の増加で4千億円と予想する。新規建設は14年度に約6千億円とする従来の目標を変えなかった。」

原発の安全推進も、結局は経済産業界の儲けになる。

(参考2)リトアニアの原発に応札 日立、東芝の子会社(東京)
彼らは、小国や新興国にまで原発を売って、まだまだ儲けようとしている。こういう国での事故も恐い。

(参考3)再生可能エネルギー先進国に学ぶ 〜原発なきエネルギー政策は可能か〜 (NHKエコチャンネル) 
日本は世界に冠たる太陽光発電、地熱発電の技術を持っているのに、原発固執政策のせいで、その恩恵を受けているのは海外の人々なのだ!

図上は、日本の産業部門別エネルギー消費の推移。9割を製造業が占める。エネルギー白書2010から。下は、関係ないが、セシウムを吸いやすい野菜と吸いにくい野菜。

(追記)
NHKで放送された「シリーズ原発危機」の1回目が素晴らしい。爆発が起きていた頃、内部の連中は「もうおしまいだ」「最悪の事態だ」と思っていたのに、我々には「大したことない」「問題ない」「騒ぐな」「心配するな」ばかり繰り返していたことに心底怒りを覚える。こういう目にあっても、「怒りはよくない」「反対するのは違う」と言う人たちの気が知れない。
この映像が消されるのは、多分時間の問題。

(追記2)
節電のため、省エネ家電に買い換える人が急増している。新製品を作るのにも電気(エネルギー)と資源を使っているし、廃棄にもエネルギーを使うという、当たり前の感覚を忘れてはいけない。
節電:エアコン、冷蔵庫…白物家電の売れ行き好調 (毎日)
「大型家電を扱う日立アプライアンスは(…)、エアコンの在庫を積み増そうと前年より3〜4割の増産体制を取る。」
これでは意味がない。

posted by 鶴見済 at 22:58| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

浜岡原発を誘致したのは産経の社長である(追記あり)

都内環境放射線測定結果.png産経新聞は今最も原発推進的な新聞と言えるが、浜岡原発を今の場所に誘致したのも、元産経新聞社長・会長の水野成夫(しげお)だった。
この男は、文化放送初代社長、フジテレビ初代社長を歴任して、「メディア三冠王」と呼ばれ、フジサンケイグループの基盤を確立した。経団連理事も努め、「財界四天王」の一人とも言われた。その彼が、生まれ故郷の浜岡町(現・御前崎市)に、「泥田に金の卵を生む鶴が舞い降りたようなものだ」と原発を勧めたのだ。

読売新聞・日テレの正力、フジサンケイの水野、こういう連中が推進してきたのだから、メディアが原発を批判できないのもよくわかる。さらに、こういう少数の人間にマスコミ、経済産業界、政界を牛耳られていることに怒るべきだ(註)。

浜岡原発の歴史の記事
 (朝日)

「地元出身で、「財界四天王」の一人と称された故水野成夫・元産経新聞会長が当時の町長に原発受け入れを勧めた」

水野成夫 (ウィキペディア)

(註)参考本:『持丸長者─戦後復興編』(広瀬隆)

「浜岡原発建設主導者」として水野成夫が紹介されている。また、この本で暴かれている日本の「閨閥(けいばつ)」には驚く。閨閥とは、婚姻関係で有力者の家が網目状に結びついている血縁ネットワークで、日本では経済界と政界を縦横無尽に結んでいる。格差社会の上にいるのも、民主主義を無視して社会を動かしているのも、この連中だと思う。知らなかったわけじゃないのに、そうハッキリとは意識していなかった。

(参考ニュース)
原子力発電 首相は再稼働を命じよ 電力不足は経済の活力を奪う (産経)
産経新聞への文句は ⇒ msnニュ−スへのご意見・ご感想 産経新聞・記事に対するご意見・ご要望 (自分も言っておいた)

図は、関係ないが、3月以降東京で測定した環境放射線量。15日の異常に高い値が、何の爆発のせいだったのか、わからないで済まされるのか?

(追記)

福島の牛乳、給食で復活.jpg5月22日(日)には渋谷で、「さよなら原発 野菜デモ」の第2弾。5月23日(月)には、子ども20ミリシーベルト撤回のための、「文部科学省包囲・要請行動&院内集会」がある。福島の親たちも駆けつける。

「不正に慣れた」「怒らなくなった」などという声も聞くが、自分はまったくそうならない。「メルトダウンは予想していたので驚きはない(斑目)」だの、「プルトニウムが見つかったが、核実験の時のもの(文科省)」だの(註)、「福島の小学校給食で福島産の牛乳が復活」だのと、いちいちが怒りの種であって、デモや抗議行動があってくれるととても助かる。


(註)ウラン・プルトニウムは確認されず 原発10キロ圏内 (朝日)

「プルトニウムは3カ所で微量の239と240を検出したが、1980年代までの大気圏内核実験によるもので、今回の事故による飛散は確認されなかったという。」

こういう報告は以前にもあったが、どうすればわかるんだ、そんなこと。

 

(その他の怒りの種)
「原発ほぼ制御不能のところまで行った」細野補佐官 (読売)

4号機、燃料溶融寸前だった…偶然水流入し回避 (読売)
だったらその時にそう言え!

東芝:原子力事業に事故「影響ない」…副社長 (毎日)

「売上高の約9%を占める原子力発電事業について、「(福島第1原発事故に伴う)影響が出るとは思わない」と述べ、12年3月期も同事業の増益を確保できるとの認識を示した。」
福島第一原発を作った責任を取らずに、ソロバン勘定だけはしっかりやっているとは!
写真は福島の牛乳の給食復活を喜ぶ小学生。

posted by 鶴見済 at 21:32| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

日本の反核運動は女性たちが始めた

署名をまとめる女性たち.jpg●日本で反核運動を起こしたのは、「仕方がない」と諦めている夫を軽蔑する女性たちだった。54年の第五福竜丸の被爆を受けて、新聞の投書欄でつながった東京の主婦たちが、「名前を集めて何になる」と言う男たちに「黙っているよりはるかに効果があります」と言い返しながら、3000万人の署名を集めたのだ。これが、55年の第一回原水爆禁止世界大会につながり(この時、世界では6億人もの署名が集まった)、段階的な核実験の禁止につながっていく。

この頃日本の反核運動は、世界をリードしていた。そしてこれに対抗したのが、正力松太郎─読売新聞ラインの、原子力平和利用=原発推進キャンペーンだったのだ。

この運動を扱ったドキュメンタリーがとてもいい。

母親たちの反核運動〜3000万の署名、大国を揺るがす

「「原爆の灰がいつ何時降ってくるかわからない世の中だもの。なにが起きたって仕方ないよ」。夫は新聞を読みながらそう言う。「原爆をつくることをやめれば」わたしがそう言うと、夫はあきれかえったようにわたしをながめていた。「仕方がない」と言いながら、怒ることも驚くことも忘れている夫の無力な諦めを私は軽蔑した。」(下線引用者)

これが番組でも紹介されている、運動のきっかけになった投書だが、今読んでもなんというリアリティだろうか。これと似たような会話が今、東北と関東のたくさんの夫婦の間で交わされているように思う。「上の言うこと」には絶対に逆らえない会社の仕組みや、逆らわない大量の人々の存在もまた、この社会が硬直する大きな原因になっている。


5・9 渋谷原発やめろデモ.jpg●7日(土)の渋谷・原発やめろデモ!!!!!!の参加者は雨だったのに1万5千人。そして浜岡原発の停止。我々はデモや署名で社会を変える体験を、今している。
集会で中学生アイドル・藤波心の歌う「ふるさと」  
5・7デモの映像集 (イルコモンズのふた)
当日起きた滅茶苦茶な逮捕については、⇒ 弾圧救援会


●この震災・原発事故の大騒動に紛れて、ナイキが作り変えた「みやしたこうえん」(という名前になった)が、予定を大幅に早め、こっそりオープンした。そのオープン日(4月30日)に、園内に小さなシールを貼っただけの人が、何人もの公安警察に囲まれ、押し問答の末、逮捕され連行された(また連行の途中で接触が起き、別の一人も逮捕された)。公安警察は、公園内のいたるところに待機していたのだ。ナイキパークは、我々が予想していたとおりの公園になった。

逮捕の解説映像    救援対策HP

●5月15日(日)の大麻解放サウンドデモと集会のマリファナマーチも、今年は原発をテーマにしている。自分も出て話す。14日(土)、素人の乱12号店の「アトミックカフェを語る夕べ」でも。

マリファナマーチ 2011  放射能は恐くない?アトミック・カフェを語る夕べ

写真上は、杉並区の公民館で署名をまとめる女性たち。下は5・7渋谷のデモ。

posted by 鶴見済 at 12:56| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

民主党が原発を止めている

東京新聞 高円寺デモ記事.jpg●油断はできないが、民主党は原発に関しては意外によくやっている。この時期、自民党政権だったらヤバかった。ただこれも、皆がデモなどで怒っていなければ、どうなっていたかわからない。

菅首相:G8サミットで新エネルギー政策表明へ (毎日)

政府、新成長戦略見直しへ 原発などエネルギー政策修正 (共同)

浜岡原発:全面停止へ 首相、中部電に異例の要請 (毎日)


●アースデイでの田中優氏によれば、電力消費の4分の3は企業・業務用であり、4分の1の家庭がどれだけ節電の努力をしても限界があるという。

例えば、東京ディズニーランドとディズニーシーでは、一日に合わせて57万キロワット、一般家庭約6万世帯分の電気を使っている。また、アルミニウムは別名「電気の缶詰」とも言われていて、その精錬過程では全世界の使用電力の約3%もの膨大な電力を使っている(註)。

「生活レベルを下げたくなければ原発は必要」と推進派は言うが、使い捨てのアルミ缶や電飾であふれた生活など、高いレベルの生活でも何でもない。結局、大企業のカネ儲けのために犠牲になれというのが、「経済のため」という言葉の意味だ。

(そして推進派の政治家は「経済のため」と言いながら、実は「核爆弾を作る技術のため」に原発をほしがっていることにも注意。)

東京ディズニーランド営業再開にブーイングも

(註)『世界から貧しさをなくす30の方法』(田中優他編著)より


●「チェルノブイリで出た放射能が広島原爆の800倍」であり、「福島がチェルノブイリの10分の1」なのだから、「福島は広島の80倍か!」と飯舘村の人が集会で怒っていた。

原発やめろデモ!!!.jpg●これは、東電という会社が起こした特別な問題ではないし、さらに言えば原発だけに限った問題でもない。大企業と政治家(と官僚、マスコミ、等々)が、人々に見えないように、癒着して動かしている大きな何かが見えてしまった。それを丸ごと変えるための、またとない機会だ。

そしてその癒着には、地方の政治家も加わっている。

83年福井県敦賀市長の「原発講演会」記録

「まあそんな訳で短大は建つわ、高校は出来るわ、50億円で運動公園は出来るわね。(…)そりゃあもうまったくタナボタ式の街づくりが出来るんじゃなかろうか、と、そういうことで私は皆さんに(原発を)お薦めしたい。これは(私は)信念を持っとる、信念!」

 

●明日5月7日の、渋谷・原発やめろデモ!!!!!!ほど、悪いことは言わないので行っておいたほうがいい、と思うものはない。RANKIN TAXILIKKLE MAIDJ TASAKA、藤波心、RUMIのほか、BOφWYGAUZEHiSTANDARDの名前も。デモなので無料。

⇒ 5・7 原発やめろデモ!!!

写真は、5月4日東京新聞の最近の脱原発デモの記事。

posted by 鶴見済 at 23:11| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

カネでは償えない苦痛が今、福島で

福島県産牛乳 学校給食で●福島では、逃げたくても逃げられない妊婦・母親がたくさん出ている。

20人の妊婦さん、全員来れませんでした! (被災者支援・つなぐ光)

「現地では、避難しようにも避難できない「しがらみ」があります。多くの親族や友達がいて、みんなが歯を食いしばっているわけですから、「自分だけ」が抜け出すのは許されない呪縛があります。」

ユメル(新生児の母親で福島から逃げられないユメルさんからのメール)

「母乳からヨウ素がでたとニュースで報道されていても泣きながら授乳をしています。」 


●その他、福島で起きている苦痛は、到底カネで償いきれるものではない。せいぜい原発を推進してきた連中、儲けてきた企業の資産をかき集めて賠償することだ。国民だって被害者なのだから、税金や値上げした電気料金で償うなど許されない。
「警戒区域」、瀕死の家畜を殺処分へ (読売)
震災前の時点で警戒区域の9市町村には牛約4000頭、豚約3万頭、鶏約63万羽、馬約100頭が飼育されていた。」

原発に負けない 福島・飯舘で集会 (毎日)

「決起集会「愛する飯舘村を還せ!!」を開いた。約200人が参加した。」

福島第1原発:福島の農民ら350人 東電へ抗議 (毎日)


●苦痛は、関東にも及んでいる。野菜の産地を気にし、自分の子供を気遣って水筒を持たせる母親が「神経過敏」で厄介な人扱いされるとは! それが“普通の神経”だ!

「風評被害キャンペーン」も非常によくない。ストロンチウム90のように、飛び散っているのがわかっているのに、基準値がないから調べていない放射性物質もあるのだ。放射能が混ざった食べ物が売れなくなるのは、本当に残念だが仕方のないことだ。だからそれを食べることではなく(そんなことをしたら放射能の被害がどんどん拡大してしまう!)、皆で文句を言って、放射能をばら撒いた連中に賠償させることで解決するべきだ。

「野菜の産地はどこ」「水筒持参したい」 母親たちの放射能過敏 (JCAST

再度、ストロンチウム90に警戒を (私設原子力情報室)

鎌仲ひとみ氏のツイート

「チェルノブイリの時、スウェーデンでは2ヶ月みんな牛乳をがまんした。」

5・7 原発やめろデモ!!!!!!!.jpg●24日(日)には、東京のふたつのデモに約1万人が参加した。ゴールデンウィークにも原発に反対するデモが続々とある。ここ数年散々デモに行っていたが、同じテーマで毎週これほど大きなデモが起きるなんてありえないことだった。そのくらい、この盛り上がりは凄まじい。

東京、毎日、朝日などの新聞も、原発の批判をするようになってきたが、人々の声がこのいい変化を後押ししていることは間違いない。日本のムバラクやカダフィを黙らせるまで、もう少しだ。
すべての拳を掲げろ!!!

4月30日(土) 脱原発デモ@渋谷・原宿

5月3日(火・祝)自由と生存のメーデー 2011 (今年は原発と労働をテーマに入れている)

5月7日(土) 原発やめろデモ!!!!!!! (このデモは逃してはいけない!)

「反原発できっこない」石原知事、保坂新世田谷区長を批判

「原子力に関する日本人の独特のセンチメントがある。風車とか太陽光とか言うのはやさしいが、今の日本経済を支える電力の供給はできっこない」

図は、福島の小学校給食に地元の牛乳を使うようになるという通知。「原発の安全神話」は崩壊したのに、「放射能の安全神話」は揺らがない。

posted by 鶴見済 at 23:50| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

東芝、日立、三菱重工にも責任がある

東芝新聞全面広告 2011年2月27日.jpg電力会社がなぜ原発を推進するのか? 80年代から言われているのは、設備投資した金額をそのまま電気代に上乗せしていいことになっているからだ(註1)。原発は一基3000〜5000億円と、火力発電所の3倍も高くつく。その分だけ電気代を上げることができ、儲かる。そのせいで日本人は、「世界一高い」と言われる電気代を払わされ続けている。

ただしこの構造は、ややわかりにくい。


その点、東芝、日立、三菱重工という、日本に3つしかない原発メーカーが原発推進にこだわる理由は、とてもわかりやすい(註2)。受注する側としては、当然高いほど儲かるのだ。ここ数年の日本の原発ブームの重点は「原発の輸出」にあり、その中心になっていたのは、電力会社よりも、これら3つの原発メーカーだった。これら3社は日本・世界の原発の巨大な推進力であり、逆に彼らが原発を作る気をなくせば、少なくとも国内の新規増設は難しいだろう(註3)。

特に東芝は、「原子力世界シェアNo1」「世界の原子力リーディイングカンパニー」を自称し、原発の輸出やウランの採掘にも熱心だった。もちろん、輸出される国の人々も、福島の人々も、我々も怒っている。それなのに「原発作りはやめない」と公言する、こういう”神経”にどう対応したらいいのか?(註4)


エネルギーシフトパレード.pngとりあえず24日もデモがあってよかった(註5)。こんな時にデモで、同じ考えの人たちに会って、思い切り言いたいことが言えなかったら、頭がおかしくなりそうだ。そのくらいこの社会では、マスコミやら癒着やらにねじ曲げられて、当たり前のことがまともに通らない(註6)。


(註1)87年広瀬隆の『危険な話』でも、『世界』2011年1月号の原発特集でも、そう言われている。このサイトでも。 ⇒なぜ原発は推進されるのか (よくわかる原子力)

(註2)「原発の必要性変わらない」 佐々木・東芝社長 (日経)

「「長期的には原発の必要性は変わらない」として経営の柱とする戦略は変えない考えを示した。」

東芝の社長は原子力事業部出身。
その他の最近の推進論としては、次のようなものが。

急接近:中曽根康弘さん (毎日)

「この苦難を突破し、先見として活用すれば、日本の原発政策はより強固なものとして発展すると思う。そうしていかなければならない。」
中曽根(92歳)は、日本で一番熱心に原発を推進してきた政治家である。こういう人物にとっては、「核を作る技術を持っていたい」という動機が大きいのかもしれない。
経財相、電力「原子力に頼る状況から抜け出すことはできない」 (日経)

「「日本人の生活レベルをどんどん落としてよいならば、江戸時代に戻ることもできる。原子力は引き続き重要なエネルギー源であり、日本が電力生産を原子力に頼る状況から抜け出すことはできない」と語り、原子力エネルギーの必要性を改めて強調した。」

経財相・与謝野馨は日本原子力発電出身で、中曽根の秘書も勤めている。

こうして見ると頑なな原発推進論には、「今さら否定できないから」という理由もあるように思える。老人の保身のために子供や若者が将来を脅かされるのは、完全な不正だ。

(註3)このあたりの話は、以前の日記を参照。⇒なぜ原発は推進されるのか?

(註4)自分は東芝、日立、三菱重工の3社に、メールで「まったく安全でないことがわかったのだから、原発の製造と輸出をやめてほしいが、やめる気はないのか?」という質問・意見を送った。が、まだ返事がない。

東芝へのご意見・ご要望

東芝へのお問い合わせ・ご質問

総合お問い合わせ:日立

三菱重工|お問い合わせ

(註5)バイバイげんぱつ エネルギーシフトパレード (自分はこれに行く予定)

4/24原発とめよう!東京ネットワーク、集会&デモ

(註6)新聞やテレビにも、原発批判が大きく出るようになり、論調は変わってきている。そもそも首相が、原発推進を見直すと繰り返し言っているのだ。

首相、原発増設の凍結示唆 (朝日)

写真は、東芝が2011年2月27日に新聞に出した全面広告。原発で儲けてきた企業は、損害賠償も負担すべきだ。「原子力のすべてを担う」と言っているわけだから。東芝製品の不買は、人として当然するべきことのひとつ。

posted by 鶴見済 at 23:56| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

日本に原発を持ち込んだのは読売の社長である

さよなら原発 野菜デモ.jpg原爆を落とされた日本の人々は、もちろん原子力も放射能も大嫌いだった。その正しい嫌悪は、1954年アメリカの水爆実験による第五福竜丸の被爆で頂点に達した。その日本にどうやって原発を持ち込めたんだろうか? それをやった中心人物が「原子力の父」と呼ばれる読売新聞と日本テレビの社長、正力松太郎だった(註1)。

アメリカはその頃共産圏に対抗するため、西側諸国の核装備を進めたがっていた。そのひとつの方便が、「原子力の平和利用」つまり原発だった。

55年に国会議員にもなった正力松太郎は、このアメリカの意向を受け、「原子力平和利用懇談会」を立ち上げた。そこには、経団連会長を筆頭に、重工業、電力業界など経済界の主要メンバーが集まった。原子力導入に積極的な学者も集められた(註2)。

そして正力は読売新聞と日本テレビなどを使って、人々の原子力嫌いをねじ曲げ、いいイメージを植えつけるべく、一大世論操作を行なったのだ。

すでにここで、マスコミ、経済産業界、学者、政界が癒着した「原発推進派」が出来上がっていて、「アメリカの意向」までが入っているのに驚く(原発に限らず、これらがこの国の裏の中枢だ)。さらにマスコミが、ここまで偉そうに我々の考えを左右しようとするのにも驚く。あまりにも我々をナメている(なにしろ、人々の感覚のほうが正しかったのだ!)。
これが当時からずっと、今も変わらずに、マスコミを通じて行われていると言わざるを得ない。

デモなどを通した我々の下からの声が、推進派の連中に届いていないわけはない。連中は認めたくないだろうが(註3)、たくさんの人々が怒っているというのは、絶対に恐いはずなのだ。だからもっと怒ってやろう。推進派はまだまだナメたことを言っている(註4)。

16日(土)には、PARC主催の「さよなら原発・野菜デモ」がある(註5)。自分も有機無農薬でやってきた畑に、放射性物質を撒き散らされた被害者として加わろうと思う。

本当の正義を!

(註1)参考:原発導入のシナリオ 〜冷戦下の対日原子力戦略〜 (NHKのドキュメンタリー。必見)

『原発・正力・CIA』(新潮新書)という本には、より詳しく書かれている。

(註2)翌1956年に正力は、政府の原子力委員会委員長に就任。原子力産業界の中心的な組織「原子力産業会議」(現・原子力産業協会)の設立を呼びかけた。この会議は、東京電力会長・経団連評議会議長の菅礼之助を会長に、東電旧館に事務局を置いて発足した。

(註3)ナイキが宮下公園の名前を残すことにした時も、無印良品がイスラエルへの出店をやめた時にも、「大々的に反対されたから」とは言わなかった。

(註4)原子力は今後も基幹エネルギー─関電会長 (時事)

原子力委員長、推進政策は変えず (毎日)

東電社長が柏崎原発再開に言及 (新潟日報)

今これを堂々と言う連中がこんなにいるなら、黙っている推進派はどれほど多いことか!

(註5)野菜にも一言いわせて! さよなら原発デモ!!

関係ないが、ストロンチウム90がこれほど軽く扱われるとは、信じがたいことだ。

posted by 鶴見済 at 22:57| 原発 | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

すべての拳を掲げろ

高円寺デモ.jpg「すべての拳を掲げろ! 私たちに新鮮な空気を吸わせろ! きれいな海を! きれいな空気を! これからも吸い続けたいぜ! 希望を! 本当の正義を!!!」

「私たちが生きてる間には解決できないかもしれない。それでも声をあげたいぞ! 未来に希望を残したいぞ! 子どもの子どもの子どもの子どもにも海で泳がせたいぞ!」

             ──rumiskyfishのデモでのMC(註)

 

大変なことが起きた。
高円寺の原発反対デモに1万5千人の人々が集まった。

これまでに行ったどのデモとも違うことは、いつも出発点に使っている公園に人々が溢れて入れないことでわかった。若者だけでなく、大人も子どもも年寄りもいる。出発してもしばらく身動きが取れない。自分がいたのがデモのどのあたりだったのかも、よくわからない。あまりにも隊列は長出発点の公園.jpgく、あちこちで立ち往生した。周りでは、「原発やめろ!」のコールがあちこちから自然発火のように起こり、それがデモの間中続いた。自分が終点の高円寺駅前に到着してから、デモの最後尾が来るまで1〜2時間かかった。

もちろんデモが盛り上がっても、社会が変わらなければ喜べないが、とりあえず人々の思いがわかった。朝日も読売も毎日も報道しなかったが、これをニュースだと思わないなら、笑ってやる。


(註)2011.4.10 高円寺原発反対デモrumi + skyfish

(参考映像)高円寺・原発やめろデモ!!!!!! 2011.4.10 
(とにかくこの映像を見てほしい。これでも、デモの先頭でなく、後ろのほうなのごく一部なのだ。他にもネットで動画はたくさん見られる。)

(参考ニュース)東京・高円寺で反原発デモ ネット通じ1万5千人 (共同)

「浜岡停止」求め2500人が都内で集会デモ (産経)

東電・清水社長、経団連副会長辞任へ (読売)

経団連会長、原発事故「甘かったのは国の安全基準」 (日経) 

「東電には頭が下がる。甘かったのは東電ではなく、国が設定した安全基準のほうだ」

東電が経済界の中枢にいるなら、マスコミも批判できないわけだ。
写真下は出発地点。デモの長さがわかる写真がなくて残念。

posted by 鶴見済 at 20:56| 原発 | 更新情報をチェックする