2010年11月17日

トウモロコシができすぎるアメリカの事情

キング・コーン.jpg日本に住む我々が食べるトウモロコシは、90%以上がアメリカからの輸入だ。トウモロコシそのものを食べていなくても、それはスナック菓子や油など様々な加工品になって、我々の口に入っている。
けれども、そのトウモロコシがどんなふうに育てられているのかはわからない。それを教えてくれる映画が『キング・コーン』だ。

小農家を潰してできた、はるか彼方まで続く大農園で、化学肥料、遺伝子組み換え種、農薬を使って、トウモロコシは育つ。
アメリカでは70年代からトウモロコシの増産を促したため、国内で生産が過剰になった。日本の市場を完全に制覇し、メキシコの伝統的な農業を崩壊させたアメリカ産トウモロコシが、なぜこれほど世界中に輸出されるのか、という向こうの事情もよくわかる(註)。

映画『キング・コーン』公式サイト (大規模な牛の畜産現場もすごい) 


(註)現在世界中で輸出されるトウモロコシの70%以上がアメリカ産である。

類似傑作映画:『いのちの食べかた』 (最近の肉や野菜が、どんな異常な環境で育っているのかを伝えるドキュメンタリー)

写真の映画主人公たちの後ろにあるのは、トウモロコシ粒の山。自分は図書館で借りて観た。

posted by 鶴見済 at 20:00| 人間界の経済 | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

APEC反対デモと”NO!APEC TV”出演(追記あり)

芋掘り3.JPG大新聞が経済・産業界のための自由貿易推進を叫ぶなか、明日はいよいよ空前の無意味な厳戒態勢を向こうに、反APECデモがある。
そしてその日の深夜(14日)0時から3時間、“NOAPEC TV”というインディ・メディアの番組に出て、国内外のデモの話をする予定。

NO! APEC TV 48時間ライヴ・内容


大企業の広告費に依存しているマスコミは、もちろん主張も大企業に追従している。だからこそ、インディ・メディアを見てほしい。

写真は、今年畑で共同で作ったサツマイモの一部。これを他の畑の野菜とともに、その場で煮て食べたのはよかった。夏のジャガイモ収穫の時にも思ったが、自分たちで作物を作って料理して食べるのは、味がどうかというレベルを越えた、得体の知れないよさがある。「生きること」とは単にこれだけのことだ、という本来の単純さに触れるからなのかもしれない。そのくらい我々の「生きること」は、複雑でわけがわからなくなっている。こういう価値を、食べ物など全部輸入すればいいという自由貿易論者は、なかったことにしている。

(追記)NO!APEC TVを夜遅くまで見てくれた皆さん、どうもありがとうございました。番組のアーカイブがアップされました。冒頭には当日のデモの映像もあります。⇒民衆のデモス

posted by 鶴見済 at 22:07| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

原発の輸出を喜ぶ国

山口県の上関原発予定地の埋め立てにやってきていた中国電力の船を、反対する人々が猛抗議で追い返したのが、10月25日だった。祝島の反対で有名なこの上関原発問題は、名古屋のCOP10でも取り上げられ、今回はハンガーストライキや、著名人による反対の署名運動もあった(註1)。
けれどもこのことは、ほとんど報道されなかった。

被ばく労働者数の推移.gifその1週間後には、ベトナムに2基の原発を輸出する話が決まったと各大手新聞がトップニュース扱いで報道した(註2)。こんなことで、日本中が大喜びしているかのようだった。

日本で原子炉を作っているのは東芝、日立、三菱重工の3社だが、これに東京電力など電力会社9社、投資ファンド1社、そして政府を加えた”オール・ジャパン”チームが一丸となってベトナムに原発の売り込みをかけていたのだった。


日本は原発に限らず、ダムなどインフラの輸出でも、「南」の国々、特にアジア諸国に大迷惑をかけてきた(註3)。そういう輸出もAPECTPPによる自由貿易を進めることで、一層やりやすくなる。そこで各大手新聞は、政府のなかでも意見が割れているTPP参加について、「参加以外に道はない」「ためらうな」と連日連日、一大キャンペーンをやっている(註4)。

この国のマスコミは政治については、一応いいことも悪いことも言う。けれども経済については、大企業のPR活動のようなことしかできない。だから我々は、大企業に文句を言うことができずにいる。


(註1)参考:祝島島民の会blog

(註2)ベトナムの原発受注で合意日越首脳会談(読売)
(註3)参考日記:アルミはどこから来るのか?
(註4)太平洋FTA―通商国家の本気を示せ(朝日社説) 日本は「通商国家として生きるしかない」そうだ。商社の社説かと思った。
推薦映画:『ミツバチの羽音と地球の回転』HP
参考日記:我々はアジアにゴミを輸出している

図は、増大する、日本の原発で働く被ばく労働者数の推移。この統計では、年間6万人以上にも上っている。必ず生じる労働者の被ばく、放射能漏れ、放射性廃棄物という問題まで輸出するのがそんなに嬉しいのか? 儲けが少なくても、せめて火力発電所を輸出しろと言いたい。

posted by 鶴見済 at 23:06| 原発 | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

『Rooftop』の宮下問題インタビューに答えた

ロフトが出している音楽文化雑誌『Rooftop』(註)で、宮下公園問題を中心にインタビューを受けた。記事はネットでも読める(誌面に印刷されたものとは内容が若干違っているが、こちらが本文)。

鶴見済が語る!! 宮下公園ナイキパーク化問題


宮下公園 シルクスクリーン 011.jpg宮下問題については、例えば ⇒AIRのサイトのQ&Aのページ などに詳細に書かれているので、そういった話は省かせてもらって(そもそも自分はそれを語るような立場にはない)、ここではこの問題を取り巻く状況や、反対運動に対する人々の反応などについて多く話している。例えば以下のような。

「弱い人のために色々と頑張ってる人に向かって、弱い人がガンガン文句を言うみたいなことを安易に、行政に誘導されるがままに、やってきちゃったというか。『小泉最高』とか言っちゃったりして。だから弱い人が弱い人を叩くみたいなバカなことはやめて、まとまって自分たちの生きやすい社会のために抵抗した方がいい。(註2)」

「新しい携帯が出たとかいってそれを喜んで買うとか、新しい公園作ってくれないかなとか、そういう受動的なことばっかりが喜びじゃないですか。娯楽に限らずDIY的な生き方をもっとやっていかないと、ほんとに企業の手のひらの上で遊ばされてるだけになっちゃうでしょう。(註3)」


(註1)『Rooftop』はロフトが出している音楽・文化情報フリーマガジンで、レコード屋やライヴハウス、ロフト各店などに置いてある。自分も80年代の頃からの『Rooftop』を今でもたくさん保管しているが、今号で紙媒体としては最後になるそうで、そこに参加できて光栄。

(註2)関連日記:エリートがB層(大衆)をだましている (B層とは、「具体的なことはわからないが、小泉首相のキャラクターを指示する層、内閣閣僚を指示する層」のことだそうだ。ただし責められるべきなのは、もちろんだまされた方ではなく、だました方。)

(註3)関連日記:電通の広告戦略を分析する
写真はインタビューにも出てくる、宮下で作ったシルクスクリーン。意外に簡単に作れた。

posted by 鶴見済 at 19:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

APECとTPPが日本の農村をぶち壊す

韓国反APEC2005.jpg宮下公園ではナイキ化工事が進められていて、まだまだ事態は由々しいが、APECTPPもまた由々しい。

11月に行われるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の最大の狙いは、アジア・太平洋地域の貿易と投資をもっとやりやすくすることだ。そして今話題のTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は、環太平洋地域のいくつかの国が、参加国間の関税をゼロにしようとする集まりで、アメリカが主導的立場にいる。菅直人はAPECの場でTPPへの参加表明をしたくてしょうがないのだが、農民や漁民の反対にあって足踏みしている。


では、もう貿易は十分すぎるほどやっているのに、なぜこんなものを必死になって進めようとするのか? 競争力のある大企業は海外に進出して、モノを売ったり安い労働力のある場所に工場を移したい。日本の自動車や機械産業、アメリカの穀物・食品産業などはその例だ。彼らが国に、もっと自由に世界を動き回れるようにしろと迫るのだ。

一方進出される側の産業、例えば日本の農業などは、壊滅的な打撃を受ける(註2)。


韓国反APECデモ.jpg強い者が勝つんだからいいじゃないか、と思う人がいるかもしれない。

けれども、こんな貿易自由化を戦後ずっと進めてきた日本で、何が起きたか? 食べものや木材がどんどん輸入品になって(現在木材の8割は輸入)、「農林水産業では食べていけない」と、地方ではその代わりの土木建設工事がやめられなくなった。さらには「地方では食べていけない」と、都市に人々が出ていき、限界集落と耕作放棄地が増えつづけている。一方、東京は今や世界一の人口を抱える都市になっているが、上京しても仕事がなくなった人は野宿者にならざるをえない(註3)。これと同じ現象は世界的に起きている(註4)。

こういう負の側面はなかったことにして、「黒船が来た」「開国だ」と、大企業を儲けさせるためにバカ騒ぎしているのだ。


11月13日(土)には、横浜のAPEC会場のすぐ側を通る反対のデモがある。 ⇒いらない!APEC

警察は、ありもしない「APEC粉砕を主張する過激派(!)」の幻に怯えて、空前の警戒態勢をしいている(註5)。「反グローバリズム」のテロリスト・過激派扱いも見過ごせない。


(註1)日本の農作物の平均関税は、すでにアジアで最低の12%にまで下がっている。工業化が進んでいる国は農業が廃れているということはなく、アメリカやヨーロッパは農業が盛んで食料自給率も高い。自給率はフランスが133%、アメリカが119%、ドイツが91%、イギリスが74%(02年)、日本は40%。

(註2)ちなみにメキシコではNAFTA(北米自由貿易協定)発効により、アメリカから輸入トウモロコシが流れ込んできたため、伝統的なトウモロコシ生産者のうち200万人(!)もが離農せざるをえなくなり、サパティスタ民族解放軍の蜂起を招いた。

(註3)参照:のじれんHP 「野宿を強いられている人の多くは、北海道、東北、沖縄などの地方から若い時に親元を離れて出稼ぎに来ていた人々です」

(註4)輸入農産物が入ってきたり、農業が大規模化したために、農村にいられなくなった人々が、都市に出てスラムに住みつく傾向は、特に「南」の国々で著しい。都市への人口集中の原因のすべてが貿易の自由化にあるわけではないが、「南」の国々には、巨大なスラムを抱えたメガシティが次々と生まれ、地球は「スラムの惑星」と化している。

(註5)参考:2010年APECの成功に向けて(警察庁)

APECの危機をあおるために、警視庁は目茶苦茶なアンケート結果まで発表している。都民の6割が知らないと答えたAPECについてのアンケートで、なぜ5割が危機感を覚えていることになるのか?

APEC開催 都民の6割知らずSankeiBiz

APECテロ、5割が危機感=都民にアンケート−警視庁(時事)(「国際テロ組織や反グローバリズム団体などが国内でテロや激しい抗議活動を起こす可能性」について質問してやがる。いい加減にしろ。) ⇒反グローバリズムの「犯罪化」は絶対に容認できない 
関連日記:日本の農業がほぼ終わっている
写真は05年に韓国・釜山で、農民、労働者、学生ら1万5000人を集めて行われた反APECデモ。

posted by 鶴見済 at 13:24| 人間界の経済 | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

「宮下ナイキパーク」という名前は消えた!

「『宮下公園』の名称はこれまで通り『渋谷区立宮下公園』となります。」
                              ──ナイキジャパン社(註1)


驚いた。ナイキが沈黙を破って、とうとう国内向けにモノを言ったと思ったら、なんと「宮下NIKEパーク」という名前を取り下げてしまった! つまり施設命名権を買ったのに、命名はしないということなのだ!

そこまで当初の計画がボロボロになったなら、スケートボード場もクライミング・ウォールもやめて、一から計画を見直したらどうか。当初は最大の売りにしていたのに、今は隅のほうに目立たないように書いているこれらのスポーツ施設こそが非難されているのだから。公共の公園を、自社の「お客さん」のための施設にすることが問題なのだ(註2)。


宮下公園改造計画 イメージ図.jpgナイキは「反対派に配慮したわけではない」とわざわざコメントしているが(註3)、公共の公園に自社の名前を付けるのはおかしい、と考え直したことは事実だ。誰も反対しなかったら、こうはならなかったはずだ。


我々の生きづらさは、我々が反対しなければ、誰も改善なんかしてくれない(註4)。

忘れてはいけないことだが、小泉の弱者切り捨て政策を弱者が支持したせいで、この国の格差や貧困は悪化した。今政府が、少なくとも表向きは(註5)これらの解決に動いているのは、格差・貧困への反対運動があったからだ。行政の口車に乗って、反対運動(「抵抗勢力」なんて言葉もあった)には反対などと言っていると誰の思う壺なのかを、この過去から考えてみるべきだ。


(註1)ナイキジャパン・プレスリリースより。

「不法占拠」「公園が荒れたのは反対派のせい」といった、渋谷区とまったく同じイメージ操作に励んでいる(ゴミの放置はもちろん渋谷区のせい)。また、自分たちのせいで野宿者が半強制的に追い出されたことを、いいことだったかのように言っているのも不思議だ。

さらにナイキは地域の住民の方々の声をやけに重んじているようだが、渋谷の真ん中という特殊な場所にある公園を利用しているのは、ほとんどがよそから来る人だ。

(註2)あくまでも施設命名権のオプションにすぎないこれらの工事だけやるというのも、詐欺的なんじゃないか?
(註3)共同通信のニュースより。
最近CSRに力を入れている企業には、自らの業界を批判する環境や貧困問題のNGOと共同作業をしているところも増えているが、ナイキにはそんなことは望むべくもないらしい。

(註4)タバコ増税にもゼロ金利にも、普通に怒ったほうがいい。

(註5)国内の”ジニ係数”は、最新の調査で過去最大になっている。国内でも世界でも、格差は拡大する一方だ。
図は、宮下ナイキパークのイメージ図。ナイキは皆が使える公園のイメージを広めようとしているが、左半分はスケートボードやクライミングなどのスポーツ施設で完全に埋まっている。

ちなみに、今日のナイキジャパン社前での抗議に集まったのは約40人(うちスケボーを持っている人2人)。ナイキは出てこなかったが、面白かった。

posted by 鶴見済 at 21:15| 宮下公園ナイキ化問題 | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

なぜ野宿者は攻撃されるのか?(追記2件あり)

宮下公園での無理矢理のナイキパーク建設は続いている。

渋谷区は、マスコミを使った反対者のイメージダウン作戦(註1)に続いて、公園内にまだ残っていた野宿者の小屋も壊し、荷物も撤去した。そこは唯一立入禁止区域からも外されていたし、予告もなく、行政代執行の手続も取っていないのに。
これに対して、4日には渋谷区に抗議行動が行われる。その他のアクションも続々と予定されている(註2) 守る会


宮下公園 有刺鉄線.jpg野宿者の存在自体が嫌な人も多いようだが、それなら行政に「ハウジング・プア」問題の解決を要求すればいいのだ。ナイキ・パークを作ることは本来、野宿者対策でもなんでもないのだから。

そもそもこんなに家賃の高い国で、持ち家を持たない全員が、毎月毎月何万円もの家賃を払えるわけがない。家賃を払えない、払いたくない人が出てきて当然なのだ。

生活するうえで家賃が高すぎること、カネのない者に優しい社会でないことは、この国で多くの人が感じている「生き苦しさ」であるはずなのに、怒りはそういう方向へは向かわない。野宿者や野宿者を守っている人たちに向いてしまう(註3)。


「反対運動自体に反対」(註4)という空気を大きくすることについても言えるが、行政は怒りの矛先を、本来向かうべき自分たちに向けず、言わば“仲間割れ”を促すことに全力を注ぐ。それにいちいち乗ってやることはない。


(註1)念のためにまた言うが、反対している人たちは誰でもアクセスできる状態を積極的に作りながら、やむを得ず監視行動をしていただけだ。そうしなければ着工してしまうわけだから。宮下公園は地獄のような場所だったかのようにも言われるが、自分は親子連れが監視のテントがある場所で遊んでいるのも見ている。ゴミが多かったのは、移動した野宿者が残した物が放置され、その上にゴミの投げ捨てが重なったためだ。ゲットー・ガーデンへの投げ捨てゴミの始末も大変だった。

ちなみに、【占拠】1 ある場所を占有して他人を寄せつけないこと。2 占領すること(大辞泉)、だそうだ。

(註2)12日(火)には上智大学で、宮下公園や墨田区の事例から公共空間と商業スペース等について考える緊急シンポジウムが開かれ、自分も出演する予定だ。詳細は後日。

(註3)参考ニュース:ロケット花火でホームレス襲撃 高校生3人逮捕 (産経)
こういう事件が起きる原因は、この社会の空気にあるという見方は当たっていると思う。
(註4)OurPlanetTV映像へのコメント欄YouTube)を参照。
参考映像:宮下公園を救おう!! 手作りサウンドデモ!! (これまでで最高のデモだった!)
写真は、ご苦労にも有刺鉄線まで張られた宮下公園。

追記:
自分も出演する上智大学でのシンポジウムの詳細が決まった。
宮下公園の問題は、特殊な場所で起きている特殊な出来事ではないし、自分自身の生きづらさにも深く関わる問題なのだ、ということを理解するためにも、ぜひ。もちろん無料。

<緊急企画> キラめく街、追い出される人々
テーマパーク化される都市の公共性

宮下公園・行政代執行、墨田区「資源ごみ持ち去り禁止条例」 から公共空間を問いなおす

追記2:
12日(火)、とうとう本格的な工事が始まることがわかり、早朝から阻止行動が行われることになった。
15日(金)には、ナイキ本社前での抗議行動もある。
詳細は ⇒守る会 ニュース ⇒宮下公園12日本格着工(読売)
また居住と人権に関する国連認定の国際的NGOである”HIC(Habitat International Coalition)”が、宮下公園での排除とナイキパーク建設に抗議する声明を発表し、全世界に渋谷区長、ナイキ本社、ナイキジャパンに抗議するよう呼びかけている! 世界の反応は国内とはまるで違う。
Stop the evictions at and the conversion of Miyashita Park to Nike Park! (HIC)
明日は、阻止行動に参加した後、ぜひ上智大学へ。

posted by 鶴見済 at 13:58| 宮下公園ナイキ化問題 | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

宮下公園で警察に強制排除された(追記あり)

宮下公園  行政代執行 044.jpgほとんどナイキ化問題専門のブログになっているが、ここまで話題になったらやはり書くだろう。
宮下公園では24日に、反対している人の物を勝手に片づける“行政代執行”が行われた。

午前10時から自分も含めたそれ反対する人々約30人が、搬出に使う公園出入口フェンス前に座り込みを開始。フェンスの後ろは警備員の山、目の前は報道のカメラの山、道の向こう側には私服警官の山という異常な状況のなか、マイクで抗議したり楽器や物を鳴らしたり、雑談したりしながら座り込んでいた。自分たちが今テレビに出ている、という情報も入ってくる。4時間後、そこへ警察官の山が警備員とともに突入してきて、力任せに我々を押し退け(押し倒された人もいた)、騒然とするなかを搬出用のトラックを通したのだ。

こっちは非暴力に徹して、そのまま路上で抗議をしつつ帰った。


その前の日には、大雨のなかを150人もの人が集まって、マイクで2時間ほど文句を言ったり、コールしたりしながら、非暴力的緊急ミーティング・アクションをやったのだった。強引に突入することなどこちらにもできるだろうが、そんなことはしていない。


宮下公園  行政代執行.jpg座り込んだ時、マスコミがフェンスの中からこっちを撮っているのを見て嫌な予感がした。彼らだけは、渋谷区の“ご好意”でなかに入れてもらっているのだ。帰ってニュース映像を見ると、代執行とは関係ない、恐らく一箇所に集めたゴミ類をトラックに積み込むシーンが、「反対派が残した物を積み込んでいる」かのように放送されている(註1。新聞でも、その手の写真が多かった)。区はわざわざこのシーンを、代執行ではないと説明せず、メインに撮らせたのではないか、と疑いたくなる。


これだけよくしてもらっているせいか、マスコミは相変わらず、区の言い分どおりの報道を続けている。公共の場所の私企業化、民主的な手続の無視、野宿者の追い出しなど、ナイキ化の問題点に触れなければ、反対している側への理解は得られにくい。しかしそこには、“巨大広告主ナイキ”という大きな壁が立ちはだかっている(註2)。


宮下公園  行政代執行 061.jpgただ、マスコミの反応の大きさを見ると、この小さな公園のことで、これほど大きな反対運動が起きることへの驚きも感じられる。反対している人は、単に公園の問題だけでなく、その背後にある大きな問題に何かしら気づいて怒っているはずだ。野宿者のことも、民主主義のことも、ナイキのことも含んだ大きな問題がある。新自由主義的なるもの、<帝国>みたいなもの、「灰色」のようなもの…、とでも言えばいいんだろうか? それに気づけなければ、こういう報道になるのかもしれない。
26日はデモだ。

(註1)⇒ANNnewsCH、(この映像は行政代執行ではなく、ゴミの片付け)

(註2)それでも90年代、ナイキの工場での搾取問題が広まったのは、欧米のマスメディアの力が大きかったはずだ。その時も今も、日本のメディアは特に広告主と“なあなあ”の体質なのだと言えるだろう。そのせいで日本人は、ナイキがどんな会社なのか知らされていない。フランスで最も有名な新聞『ル・モンド』など、早速ナイキ化に批判的な記事を載せている。⇒ル・モンド・スポーツ版(OurPlanetTVの番組が大々的に取り上げられている!)

(註3)⇒守る会
ニュース記事のまとめと解説:⇒イルコモンズのふた。

やや参考ニュース:⇒ 朝日新聞(ここでの”地域住民の声”の取り上げ方にも大いに問題があるが)。原宿新聞の映像

大推薦映像:宮下公園 TOKYO/SHIBUYA (後編) (OurPlanetTV)
写真は現場風景。ゴチャゴチャした写真しか撮れなかったが、実際にゴチャゴチャした現場だった。下は、警察がこっちを押し退けている真最中。


追記:

ナイキ化反対デモ.jpg●デモは最高だった。ただし200人もの人が集まったのに、行政代執行であれだけ騒いだ国内のマスコミ報道は一切ない。フランスのAFPとアメリカのAP両通信社はニュースを配信している。この国のマスコミの特殊さがわかる。

記事⇒AFPAP、映像 ⇒Union Tube、写真 ⇒明日も晴れ Also Sprach Mkimpo Kid
(APの記事ではナイキ側の担当者・水上陽子氏がコメントしている。この人と、ナイキ化推進区議・長谷部健の癒着については、ソトコトのこの対談を参照 ⇒水上陽子・ハセベケン
●行政代執行の映像は、やはり渋谷区側がゴミ捨ての場面を中心に撮らせていたことを、現場にいたOurPlanetTVが明らかにしている。

宮下公園代執行〜マスコミが流した映像は代執行ではなかった!?OurPlanetTV

(冒頭ではゲットー・ガーデンの今の様子が見れる。なぜか異常に懐かしい。一応無事であるようだが、公園全体がこうなってしまっては意味がない)

●またOurPlanetTVの白石草さんと渋谷区の宮下ナイキ化推進派議員・伊藤たけし氏が出演しているラジオ番組「Dig」もいい。ナイキ側はこの公園の設計を少しずつ変えているようだが、その内実は恐らく議員にもわからないという。そういうところが最悪なのだ。

DigTBSラジオ)

posted by 鶴見済 at 18:38| 宮下公園ナイキ化問題 | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

宮下ナイキ化問題がYAHOO!のトップニュースに

YAHOO!トップ・ニュースbmp宮下公園問題も、いよいよYAHOO!のトップニュースになった(註1)。

今さら自分が動向をまとめる必要もないのだが、ついに渋谷区が公園内の物にまで勝手に手をつけると通告してきた。24日午前10時に公園内のテント、椅子、作品、宮下さんなどを無理矢理取り払う“行政代執行”を行うという。

これら一連の強引なやり方に対して「守る会」は、23日には緊急ミーティング・アクション、24日には記者会見と提訴、26日にはデモと、反撃に出る。(⇒守る会) 一体どうなるのか?


そして行政のマスコミ利用も相変わらずだ。
渋谷区は「区民からも『早く公園整備を』とおしかりをいただいており」となどと言っているが(註2)、ほとんどの区民は新設されるスケートボード場もロック・クライミング施設も必要としていないはずだ(註3)。
またほとんどのマスコミが、反対しているのがひとつの団体であるかのように報道しているが、実際に反対しているのは、なだらかにつながった多くの人たちなのだ。そうでなければ、これほど多様なイベントなど行えるわけがない。
そんなことを書くなら、ナイキ化計画の問題点にも触れたらどうかと思うが、なぜかそれについてはまったく言及されない。

(註1)出ていたのは⇒ナイキ公園に暗雲 オブジェ設置にホームレス徹底抗戦(夕刊フジ)
(註2)宮下公園整備計画で渋谷区『行政代執行』 区『撤去警告してきた』 (東京)
(註3)だからと言って、スケートボード場が要らないとも思わない。もっと広い代々木公園などに作れないかと普通に思う。ここまでして作ってもらったスケートボード場になんか、カッコ悪くて行けないという人だって多いんじゃないか?

参考映像:宮下公園全面封鎖・渋谷区の実力行使に市民らが抗議DROPOUT TV

Drifter / MIYASHITA PARK (はーぴー日記。泣ける)

参考にならないニュース:宮下公園問題 24日に渋谷区が強制撤去実施へ (産経)

宮下公園:渋谷区、24日に行政代執行 テント撤去へ (毎日)

posted by 鶴見済 at 23:44| 宮下公園ナイキ化問題 | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

宮下封鎖への抗議声明に賛同を

拡大する立ち入り禁止.jpg「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」が公園封鎖に対する抗議声明を発表した。

封鎖に反対の人は、ぜひ賛同を。「賛同します」と書いて送るだけでもいいと思う。

守る会 抗議声明に賛同をお願いします

宮下公園の“要塞化”はどんどん進んでいる。

立ち入り禁止区域は根拠もなく広がり、区の担当者がフェンスのなかから、「警察に渡すから。顔を映しなさい」と言って、部下にビデオカメラで抗議に来た人を撮影させたりする(公務員<公僕>が一般人を犯罪者扱いするのは問題だろう)。集まっているだけでも、フェンス内から「逮捕」をほのめかす言葉が次々と飛んでくる。


拡大する立ち入り禁止 2.jpgこんなことをされるくらいなら、大人しく黙っていたほうがいいと思う人もいるだろう。そのために、彼らはこんなことをしているのだから。

行政側はこんなふうに、反対していると分が悪いような空気を作ろうとしてきた。その甲斐あってか2000年代に入ると、どんなことであれ反対している人は気に入らないという、この上なく彼らに都合のいい人までたくさん生まれてしまった。その結果、立ち入り禁止区域がどんどん広がるように、我々が生きる世界もどんどん生きづらくなっているのだ。


宮下さん.jpg全国の野宿者支援の現場からも、激しい抗議が行なわれている。「寄せ場野宿者運動全国懇談会」と笹沼弘志・静岡大学教授の抗議声明は、ブログ「薔薇、または陽だまりの猫」を参照。

写真上、中は拡大を続ける立ち入り禁止区域。下は人質に取られ、彼らのリストに掲載された「宮下さん」。

ちなみに、DIY夏フェスの「なんとかフェス」が朝日新聞で取り上げられた。⇒これぞ楽園? 手作り「オルタナティブフェス」

posted by 鶴見済 at 00:34| 宮下公園ナイキ化問題 | 更新情報をチェックする